第847回 「綺麗さ」と「力強さ」を兼ね備えた投手へ!古谷拓郎(習志野)の優先課題は「体づくり」【前編】2018年12月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]3年間、常に重視してきたのは体づくり
[2]高卒プロを意識し、普段の練習から取り組む姿勢を変えた

 10月25日のドラフト会議にて、千葉ロッテマリーンズからドラフト6位指名を受け、見事にプロの扉を切り開いた古谷 拓郎習志野)。184センチ77キロの長身から最速146キロのストレート、曲がりが鋭いカーブを武器にする右の本格派である。何よりスカウト、小林徹監督からも絶賛される投球フォームの完成度の高さによって高次元のピッチングを生み出している。

 鎌ヶ谷二中時代は県大会ベスト8が最高だった古谷が、なぜ高卒プロへたどり着くことができたのか?その歩みを追っていく。

3年間、常に重視してきたのは体づくり



古谷 拓郎

 小学校2年生の時から野球をはじめ、当時所属していたチームの人数が少ないということもあり、投手を始める。そして習志野に進むきっかけについて古谷は「僕に最初に声かけてくれた学校ですし、僕のおじさんが大の習志野野球部のファンで、小さいころに試合を何度もみていたので、憧れは強かったです」と話す。
 こうして、習志野野球部の門をたたくことになった古谷。実際に入学するとレベルの高さを実感する。
 「自分が今まで教わったことがないことをたくさん教えてもらいました。まず頭で考えて動けないほど、いろんな練習をしたので、それに慣れるのに大変でした。状況別でどう投げるべきか、点差、場面を考えての配球は中学生の時まではやっていなかったので、野球の奥深さを習志野で学んだと思います」

 ピッチングと同時に行っていたのは体づくりだ。小林徹監督も、古谷自身も「重点的に行ったのは体づくり」だという。小林監督はさらにその方針を説明する。



小林 徹監督

 「古谷の投球フォームは本当に綺麗で、フォーム面の指導はほとんどしたことがありません。理想は強くて綺麗ですが、下級生時代の彼は綺麗だけど力強さがなかった。彼が高いレベルで勝負するには綺麗な動きの中でどう力強さをつけていくのか。そこを追求した3年間だったと思います」

 古谷は先輩、同級生のライバルとの競争に負けまいと、練習試合で結果を残し、1年秋にベンチ入りを果たす。秋の公式戦では初登板するが、「まだ制球力も低く、完成度も低かった」と振り返る古谷。2年夏には130キロ後半の速球を投げるまでに成長したが、古谷は投げながら夏の大会の怖さを実感する。

 「投げる前の緊張がすごかったですね。試合が始まるとあまり感じないのですが、ウォーミングアップの時がすごく緊張しました。秋や春とは比べ物にならないです」
 夏が終わり、古谷は小林監督からの勧めで、もう一度体を鍛え直した。地区予選ではベンチ外だったが、県大会ではギリギリでベンチ入り登録。秋は4強入りに貢献する好投を見せた。

【次のページ】 高卒プロを意識し、普段の練習から取り組む姿勢を変えた

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

クリス・テイラー
古谷 拓郎(ふるや・たくろう)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長・体重:184センチ・77キロ
  • 鎌ヶ谷二中-習志野
【関連記事】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
第1051回 韓国でもいつも通り。リリーフエース・飯塚 脩人の恐るべき精神力の強さ 【2019年インタビュー】
第11回 佐々木、飯塚ら史上最強投手陣の仕上がりは順調!あとは奥川恭伸の復調を期待するのみ!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第6回 飯塚 脩人(習志野)リリーフで強みを発揮する剛腕!日本代表でも窮地を救うピッチングを見せる!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第963回 2019年のU-18代表は史上最強の投手陣だ!過去5年間と比較すると?【大会展望・総括コラム】
第950回 佐々木、奥川、西らの世界クラスのU18投手陣「9名」を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1016回 名門・銚子商の4番を担う古井敬人!進化のきっかけとなった監督からのアドバイス 【2019年インタビュー】
第909回 山梨学院の曲者・菅野秀斗 卓抜したバットコントロールは独特の感性から生まれた 【2019年インタビュー】
第894回 名伯楽の指導によって覚醒した野村健太(山梨学院)目指すは高校通算50本塁打!【後編】 【2019年インタビュー】
第883回 習志野の元気印・根本翔吾!全力プレーで勝利と幸運を呼び込む! 【2019年インタビュー】
中央学院vs習志野【千葉県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 西千葉大会】
大谷 拓海(中央学院) 【選手名鑑】
古谷 拓郎(習志野) 【選手名鑑】
中央学院 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー