第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大)2018年11月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]冬のトレーニングを経て球速140キロ越え
[2]予想外の高校代表選出
[3]一戦目で勝てる投手へ

一戦目で勝てる投手へ



森下暢仁

 精神面では、侍ジャパン大学代表で多くのことを学んだ。「昨年の代表で一緒だった東 克樹投手(DeNA)のバッターへ向かっていく姿を見て、『見習いたい』と思いました。ストレートでも変化球でも『絶対に打たせない』という気迫を感じるピッチャーだったので、そういったマウンドでの立ち姿は手本にしていきたいです」と、エースとしての自覚も促されたようだ。

 さらに「大学に入ってから、走ることが増えたと感じています」と身体面も強化。「高校時代は練習で100球も投げたことはなかった」という投げ込みも明大では200球を投げることもあり、こうしてスタミナを付けていった結果が今秋のリーグ戦で6完投という記録につながっている。

 また、東大との一戦では相手打線を8回までノーヒットノーランに抑える快投。「あの試合ではストレートが走っていたんですけれど、9回にヒットを打たれた時のボールが変化球だったので、この時も『真っすぐにしておけば』と思いましたし、『ボール球でも良かったな』と反省しました。ただ、次につながるピッチングはできたと思います」。



ラストイヤーに燃える森下暢仁

 来年はいよいよドラフトを迎えることとなる森下投手。高校ではプロ志望届を提出することなく明大へ進んだが、「高校を卒業する時も『プロへ行きたい』と思っていましたが、正直、不安の方が大きかった。それで『大学へ行って、4年間、しっかりと鍛えてからプロに行けば良い』と考えて、進学することに決めたんです」と、その理由を明かす。

 だが、今は自信を付け、「『早く上のレベルで野球がやりたい』という気持ちでプレーしています」と話せるまでに成長。そして、大学でのラストイヤーに向けて「1年間でやるべきことはたくさんあって、もっと体を作っていきたいし、ストレートや変化球の質を上げて、インコースを突いた投球も増やしていきたいと考えています。そして、今年はカードの一戦目に先発させてもらうことが多かったのですが思うように勝ち星を挙げることができなかったので、今後は一戦目にきっちりと勝てるように頑張りたいです」と抱負を語った。

 高校時代から注目の存在として、大きな期待が掛けられている森下投手。細かな課題はあるものの、投げているボールは一級品。まだまだ伸びしろも感じさせるだけに、早くも来季のプレーぶりが楽しみだ。

文=大平 明


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

森下 暢仁
森下 暢仁(もりした まさと)
  • ポジション:投手
  • 身長:180cm
  • 体重:74kg
  • タイプ:右投右打
  • 大分商~明治大学
【関連記事】
第188回 2019年度ドラフトガイドブック野手編「石川、黒川など甲子園組が世代をけん引する!」【ドラフト特集】
第795回 覚悟の強さこそが最大の武器!靏仁(石見智翠館)のプロへの想い!【後編】 【2018年インタビュー】
第794回 投手一本で飛び込んだ高校野球  靏仁がエースになるまで【前編】 【2018年インタビュー】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
第790回 絶対的なエース・及川擁する横浜か?強力打線・東海大相模が制するのか?いざ激突!【大会展望・総括コラム】
第775回 横浜と東海大相模が同ブロック!この秋も好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
第728回 大分商のスーパー1年生・川瀬堅斗は「野球の天才」 目指すは日本一の投手 【2018年インタビュー】
第727回 古江空知(大分商)5年ぶりの甲子園出場へ。目指すは「全試合完封」 【2018年インタビュー】
大分上野丘 【高校別データ】
大分商 【高校別データ】
大分豊府 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー