第844回 スパイクの本質とは「故障」をさせないこと 選手の成長を支える「コウノエベルトスパイク」【後編】2018年11月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]100%に近い状態を実現する「コウノエベルトスパイク2」誕生の裏側
[2]ケガをせずに高校野球生活を送ってほしい

 デサント社と共同でスパイク開発に挑戦する鴻江寿治氏インタビュー。前編では累計30万本以上の大ヒット製品「コウノエベルト」を搭載したスパイク、「コウノエベルトスパイク」誕生までの道のり、そして実際に使うプロ野球選手からの喜びの声を紹介した。後編では、高校野球向けに改良された「コウノエベルトスパイク2(※)」が完成するまでのプロセス、そして鴻江氏の高校球児への想いを伺った。

100%に近い状態を実現する「コウノエベルトスパイク2」誕生の裏側


「コウノエベルトスパイク2」

 今年は、日本高校野球連盟の用具使用制限をクリアした「コウノエベルトスパイク2」が誕生。この夏からは、高校球児も公式戦で「コウノエベルトスパイク2」の使用が可能になった。
 「コウノエベルトスパイク2は、コウノエベルトの配置、仕様を変えることで、ベルトを締める時間の短縮に成功したんです。この変更によって、高校野球連盟の使用制限をクリアすることができました」

 スパイクの刃の数は前5本、後ろ2本の計7本。くの字刃と直線刃を場所によって使い分けるなど、従来のスパイクにはなかった工夫がソール部分にもつまっている。
 「地面をつかみやすい、くの字刃を一番前と外側の2本に配置していますが、重心移動の抵抗を軽減し、内側の突き上げを緩和するため、内側の2本はあえて直線刃を配置。着地時にスムーズに地面に食い込み、次の動作をおこなう際の動きにつなげやすくするため、土踏まずに近い2本は逆ハの字に配置されています。足の指が開く、コウノエベルトスパイク2に一番合ったソール、金具の配置をデサントさんが研究し、出した答えがスパイクの裏面にはぎっしりとつまっています。アッパー部分ありきでつくられたソールですが、相性は抜群だと思います」


これが地面をつかみやすい刃の配置だ!

 数々の工夫が施されている「コウノエベルトスパイク2」だが、軽さを極限まで追求したスパイクではないという。
 「僕は、ある程度の重さは必要だと思っています。軽めにはするけど、軽すぎてもいけない。コウノエベルトが生む、足とシューズの優れたフィット感は、実際の重量よりも軽く感じさせる効果もあるので、体感的には実際の重さよりも軽いスパイクを履いている感覚になります」

 鴻江さんに促され、筆者も「コウノエベルトスパイク2」を履いてみたが、実際の重量ほどの重さは感じなかった。ヒール部分の横に2本配置されたコウノエベルトを締めると、かつて経験したことのないフィット感に足が包まれた。靴ヒモの締め付けだけではけっして得られない一体感だと思った。

 鴻江さんは、「この商品は、その人の持っている100の力を道具の力で120にするような細工が施されたスパイクではない」と強調した。
「100の力が120になることはないけど、100の力を持ちながら、60や70でとどまっている選手を限りなく100に近づけることができるスパイクだと思っています」

【次のページ】 ケガをせずに高校野球生活を送ってほしい!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

鴻江 寿治
 鴻江 寿治(こうのえ・ひさお)
  •  1966年福岡県生まれ。学生時代に肩を故障したのをきっかけに、さまざまな施術を勉強しながらトレーニングのノウハウを学び、「骨幹理論」を確立した。現在、野球、ソフトボール、ゴルフ、バレーボール、陸上、サッカー、相撲、格闘技などのトップアスリートのアスリートコンサルタントとして活躍中。
     WBC第1回・第2回日本代表チーム、アテネオリンピック野球・バレーボール女子日本代表チーム、トリノオリンピックスピードスケート代表チーム、北京オリンピック野球・ソフトボール・バレーボール男子・女子日本代表チームに、パーソナルトレーナーとして帯同。ファイナンシャルプランナーCFPの国際ライセンスを持ち、アスリートにアドバイスをすることも。
     鹿屋体育大学との共同研究の【鴻江寿治の骨幹理論】を7/25に学会にて発表(SPORTEC2018にて)。9月14日に自身の書籍【あなたは、うで体?あし体?~3秒で体がわかる、人生が変わる~】を出版。
【関連記事】
第909回 スパイクは「自分の身体を正しい方向に導くツール」 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【後編】 【2019年インタビュー】
第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】 【2019年インタビュー】
第856回 自分が走りやすいメンタル、感覚、アイテムを大事に 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【後編】 【2018年インタビュー】
第855回 ガムシャラさから脱力を追求 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【前編】 【2018年インタビュー】
第838回 あの俊足プロ野球選手のひざ痛を克服させた「コウノエベルトスパイク」の秘密【前編】 【2018年インタビュー】
第137回 夏の大会まで残りわずか!大会に向けて球児が新調したい道具とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第116回 夏の大会前に買い替えたいと思っている野球用具は?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第71回 野球用品専門店に聞く!2016年度の野球用具売れ筋ランキングは?【野球総合研究所】
第69回 春の選抜大会から見る野球用具トレンド調査 2016年度版【野球総合研究所】
第37回 夏の甲子園から見る野球用具トレンド調査 2015年度版【野球総合研究所】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー