第732回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」2018年07月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]スイング軌道を修正し、中学時代は32ホーマー
[2]右ひじ手術も結果的に自分にとってプラスとなった
[3]選抜は課題だらけだった。夏はその悔しさを晴らしたい

 全国で最も怖いといわれる智辯和歌山打線。その打線を引っ張るのが林 晃汰。紀州ボーイズ時代には通算32本塁打を記録。智辯和歌山へ入学すると、1年春からベンチ入り。その後も順調に本塁打を積み重ね、2年夏の甲子園では興南戦で本塁打。さらに3年春の選抜の創成館戦で、本塁打と、二季連続で甲子園で本塁打を放った。近畿大会を終えて高校通算41本塁打。侍ジャパンU-18代表の一次候補に選出された紀州のスラッガー・林 晃汰の成長の歩みを振り返る。

スイング軌道を修正し、中学時代は32ホーマー


紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)

 ―― 林選手が野球を始めたのは小学1年生から。野球を始めた時から長打力に自信はありましたか?

林晃汰(以下林):いやそうでもないです。長打力が出てきたのは、中学生(紀州ボーイズ)からです。

 ―― 中学時代はホームラン結構打ってましたね。32本打ってると聞きました。

林: そうですね。2、3年生で増えた感じですね。

 ―― 何がきっかけでホームラン打てるようになったんですか?

浅野: 中学の時の監督からバットをボールの下に入れろと言われて、それを1年生の時から意識してました。救い上げるようなスイングはここから始まったと思います。

 ―― ホームランは中2のいつから中3までどれくらい増えたんですか?

林: 中中学校1年生の時は3本で、中2から20本以上打ったと思います。救い上げるスイングもつかんできましたし、身長も、体重も170センチ70キロから176センチ76キロと大きくなったことも増えたことにつながったと思います。

 ―― すごいですね。智辯和歌山に行くきっかけは何かありましたか?

林: 小学校からずっとテレビで見ていましたし、西川 遥輝(北海道日本ハム)さんに憧れを持っていました。

 ―― 智辯和歌山に入学してみてどうですか?

林: バッティングはもちろんですけど、人数が少ないので、守備もしっかり練習してるのでいいなと思いました。

 ―― 高校のレベルの高さはどうですか?

林: 今まで下に入るスイングをやってきただけだったんですけど、高校に来て、それが全然通用しなかったと。高嶋先生からしっかり振ることを教えてもらって、そこから高校のレベルについていけるようになりました。

 ―― それでも1年春から近畿大会に出ています

林: 近畿大会に出てくる投手のレベルの高さは、全然、上のレベルだったので、手も足も出なかったです。

 ―― 1年夏が過ぎ、1年秋にも近畿大会に出場。近畿大会・滋賀学園戦では2打席連続本塁打もありました。

林:そうですね。それぐらいからしっかり自分のスイングをするようになりました。

 ―― ボールの下を捉え、すくい上げるという打ち方はあまり変わってませんよね?

林: 変わってないです。中学校の時はずっとそれでやってたんで、まあそれは体に染みついていますね。高校のスピードについていくために、タイミングの取り方を変えたりにしていました。

 ―― タイミングの取り方もそうですが、智弁和歌山の打者といえば、スイングのスピードが速いというイメージがあります。

林: 確かにタイミングが大事なんですけど、スイングのスピードを上げることにこだわっていて、中学の時よりスイングスピードは上がっています。

 ―― 1年生の冬場ではどういう練習をしてましたか?

林: 振れる打者になれることが一番の課題で。量をやるっていうことを意識してやってました。

【次のページ】 右ひじ手術も結果的に自分にとってプラスとなった

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

林 晃汰
林 晃汰(はやし・こうた)
  • ポジション:三塁手
  • 身長:181センチ88キロ
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 岩出〜智辯和歌山
【関連記事】
第19回 奥川恭伸(星稜)の課題はコンディショニング。焦らず最善のピッチングを【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第12回 世界トップレベルの剛腕・佐々木朗希(大船渡)の投球は誰もがワクワクするロマンが詰まっている【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第11回 佐々木、飯塚ら史上最強投手陣の仕上がりは順調!あとは奥川恭伸の復調を期待するのみ!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第3回 智辯魂を胸に刻み、世界の強打者をねじ伏せる!池田陽佑(智辯和歌山)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第1022回 アウトにならない究極の打撃を目指して 黒川史陽(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1021回 そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第1019回 前向きに全国制覇と日本一の捕手へ 東妻純平(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1018回 兄のリベンジを胸に名門の扉を叩いた超強肩捕手 東妻純平(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー