第546回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・リード編」【Vol.2】2017年05月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「勝つチャンスを上げる」リード論
[2]石原慶幸捕手が考える「配球以外の」リード法

昨年は25年ぶりのセントラルリーグ制覇を果たし初のゴールデングラブ賞・ベストナイン捕手部門を受賞した広島東洋カープ・石原 慶幸捕手。県立岐阜商(岐阜)から東北福祉大を経て2001年ドラフト4位で入団してから16シーズン目を迎えた今年、2連覇を見据える鯉の女房役として、洞察力あふれるリードで若き投手陣を陰日なたで支え続けている。

 第1回はそんな石原選手が、そんな捕手メソッドの一部を高校球児のみなさんのために公開!高校球児目線を常に考慮して頂きながら「捕手講座・基本編」を展開してもらった。第2回では「キャッチング」について話して頂いた前回に続き、リードについて石原選手の考え方が披露されます。

広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・キャッチング編」【Vol.1】から読む

「勝つチャンスを上げる」リード論

石原 慶幸選手(広島東洋カープ)

――リードについても石原 慶幸捕手の考えを聴かせてください。一般的に石原選手はどこでバッターの傾向を読み取るのですか?

石原 慶幸捕手(以下、石原):うーん……難しいですね。特に高校生の場合は1発勝負で勝敗が決まってしまいますし。ただ「初球」というのが僕は一番難しいと思います。バッター優先で考えるのか、ピッチャー優先でいいボールを考えるのか。

 2打席目以降であればその前の打席で打ち取ったボールなど、参考になることが増えてくるんですが、それがない1打席目というのが難しい部分はある。

 僕は高校生に対してはまず先入観を持たずに「いいボールを投げさせてあげた方がいい」と思います。その中でストレートでストライクが入って、変化球で1個でもストライクが入る球種があればいいピッチャーって言われると思います。

――配球でなく、まずは「いいボールを投げる」引き出しを作るわけですね。

石原: 高校生の場合は明らかに前の打席で変化球があっていないバッターでもなんとか食らいついてヒットになることがある。裏をかいたつもりが表になってしまうこともあります。正解は僕にもわからないです。

 ですから、固定概念を持たずにトータル1試合を見て、大量失点をあまり作らないようにすれば。そうやって「勝つチャンスを上げる」と考えた方がいいと思います。

――ただ、TVで見ていると石原選手は、相手打者の打席の立ち位置をよく見ているように感じますが……。

石原: はい、見ています。見る習慣、「打席の位置を見なさい」というのは若いころから言われています。

 実際は見ても全然変わんないんですけど、本当に大事な場面に表情の変化があったり、それは100回に1回であったり、もしかしたら200回に1回であるかもしれないですけどそこをなんとか見逃さないというところが大事だと思います。

 打席では、すごく意気込んでる選手もいますし、年を重ねていけば冷静に入る選手もいます。そのなかで何かの違いがでるかなとか。「出た時を見逃さないように」という感じです。

――では、ピッチャーの調子を見極めるポイントはありますか?

石原: 先発投手は1~2イニング投げないと解らない部分もありますし、逆にブルペンで良ければある程度計算しながらいけることはあります。

 ただ、高校生の場合はプロ以上に緊張であったり、力みであったりが出てくると思うんで、最初のうちはあんまり難しいことを考えずにストライクゾーンにストレートでも変化球でも投げてみて「あ、今日は良いな」という風にした方が早くわかると思いますね。

 立ち上がりからフォアボール、フォアボールってなってしまうと、どんどんストライクが投げづらくなってしまいますので、それよりはまずストライクを投げてみて「バッターがどういう反応するか」というのを見た方が投手の調子を見る上でもわかりやすいと思います。

【次のページ】 石原慶幸捕手が考える「配球以外の」リード法

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

石原 慶幸
石原 慶幸(いしはら・よしゆき)
  • 広島東洋カープ
  • 経歴:県立岐阜商-東北福祉大-広島東洋カープ
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長体重:177センチ90キロ
  • 生年月日:1979年9月7日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第795回 前評判通りの学校が力を見せた秋季岐阜大会を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第1回 スポーツライター・小関順二さん×高校野球ドットコム副編集長・河嶋宗一の12球団ドラフト分析予想【広島東洋カープ編】【プロ12球団ドラフト分析2018】
第496回 県立岐阜商(岐阜)全県の期待を担って、名門復活を目指していく【野球部訪問】
第657回 広島東洋カープ・新井貴浩(広島工出身)選手「カープの大ベテラン語るスパイク話」 【2018年インタビュー】
第622回 中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」 【2017年インタビュー】
第551回 第99回全国高校野球地区大会を振り返って「伝統校と新鋭校が入り混じった今年の東海地区」【大会展望・総括コラム】
第526回 【岐阜展望】波乱の秋から安定の春を経て、夏の激闘へ【大会展望・総括コラム】
第551回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・コミュニケーション編」【Vol.3】 【2017年インタビュー】
第540回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・キャッチング編」【Vol.1】 【2017年インタビュー】
第518回 ロサンゼルス・ドジャース 前田 健太投手(PL学園出身)「投球も守備も上達する野球の向き合い方」 【2017年インタビュー】
黒田博樹 世界を制する投球術
県立岐阜商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー