目次

[1]カーブでストライクが取れることはうちにとって大きかった
[2]まずは頭の中身を変えたかった
[3]転機となった1年夏の都立東大和戦

 注目選手のサクセスストーリーは、我々に大きなヒントを与えてくれる。今年の西東京の注目左腕・長谷川 宙輝(ひろき)。左腕から140キロ中盤のストレート、キレ味抜群のスライダーを投げ込み奪三振を量産。プロ注目の左腕だが、入学当初は120キロそこそこで、全国でも数多くいる投手の1人に過ぎなかった。では、長谷川はそこからどのように成長を遂げたのか。11日の初戦、都立多摩工相手に、6回11奪三振を記録した西東京を代表するドクターK・長谷川の成長過程を紐解きたい。

カーブでストライクが取れることはうちにとって大きかった

長谷川 宙輝投手(聖徳学園高等学校)

 長谷川が野球を始めたのは5歳の頃。当時からボールを握ること、投げることが好きで、キャッチボールをしていた野球少年だった。聖徳学園中で投手をやっていたそんな長谷川に目を付けたのが中里 英亮監督。投手に惹かれる要素として、球が速い、腕の振りが良い、ボールにキレがある、コントロールが良い、などが挙げられるが、中里監督は長谷川のどこに惹かれたのか。

「カーブでストライクがとれることですね。中学野球で変化球でストライクが取れるのは結構なレベルです。ボールの速さ、コントロールもそこまでの投手ではなかったですけど、うちの基準で見れば高い。カーブでストライクを取れる投手はうちではいなかったですし、ストレートは速くないといっても、ぴゅっとキレのあるボールを投げていましたからね」

 そのまま聖徳学園高校に進んだ長谷川を見て、中里監督は長谷川とある約束をした。
「まずはメディアで取り上げられる投手になろう、甲子園出場を果たそう、最後にはプロ行こうと決めたんです。久しぶりに素質ある投手が入ったので、長谷川をプロに行かせたいと思いましたね」

 だが当の長谷川は全くその気がなかったという。高校に入ったときの長谷川の当初の目標は「中学ではあまり勝てなかったから1つでも勝てればと思っていました」とのことで、到達目標が違いすぎた。そんな長谷川に中里監督は「お前は高いステージに行ける投手だから」と言い聞かせ、どうすればその気にさせることができるかに腐心していたという。

⇒次のページ:まずは頭の中身を変えたかった

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。