第405回 つくば秀英高等学校 長井 良太投手「130キロ未満から149キロ!スピードアップの秘訣とは?」2016年05月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ずっと県外の学校に進みたいと思っていた
[2]指先を強化し、真っすぐも変化球も鍛えた
[3]甲子園出場&150キロを実現する

甲子園出場&150キロを実現する

ランニングする長井 良太投手(つくば秀英高等学校)

 しかし、春季大会は地区予選の初戦で古河一に1対10の7回コールドでまさかの敗退。

「1対5とリードされた場面からの登板だったので、『自分のピッチングで流れを引き寄せてやる』という意気込みでマウンドに立ちました。それで、ストレートに対してバッターはタイミングが合っていなかったので、ピンチを抑えたりしたのですが試合の流れは変わらなくて……。結局、自分も変化球が浮いたところを捉えられ、5点を奪われて負けてしまいました」

 シード校として油断があったことは否めない。

「今後はどんなチームが相手だろうと全力で戦っていきます。そして、早く負けてしまったことをプラスに捉え、トレーニングする期間が長くなった分、より自分を成長させていくつもりです」

 球速も目前まで迫っている150キロを目指す。

「左足を上げてから着地するところで、股関節が開いてしまっていて体重移動が上手くできていないので、ここを修正すれば150キロは出ると思っています。それで、今は初心に戻ってウエイトトレーニングで股関節を鍛え直していますし、キャッチボールでも一球一球、極端なくらい意識して投げています。それに、今のフォームだとボールの出どころも相手バッターから見やすくなっているので、ギリギリまでリリースポイントを隠すようにしたいです」

 ランニング、投げ込み、トレーニングと様々な練習を積み重ねて球速を上げてきた長井投手に、どうしたら速いボールが投げられるのか聞いてみた。

「他にはリストの強化を意識していて、ウエイトトレーニングでリストカールをやっています。あと、つくば秀英ではボールを速くするためのいろんな方法を教えてもらっていて、かなり知識が増えました。もちろん自分に合うか、合わないかはやってみないと分かりませんが、行けると感じたものは絶対に取り入れています。中学時代は149キロを出せるとは思っていなかったですし、正直、140キロも難しいと考えていたので、つくば秀英に来て本当に良かったです」

 エースの自覚を胸に、最後の夏へ向けて始動している長井投手。

「夏は初戦から全部、投げたいですね。もちろん、甲子園に行くことが一番の夢なんですが、やっぱり一戦必勝という気持ちを持って目の前の試合を一つひとつ勝ち上がっていきたいです」

 甲子園という夢を叶えるために突き進むことがきっと、もう一つの夢であるプロへの道を切り開くのにつながることだろう。

(文=大平 明)

注目記事
【5月特集】大会から逆算した投手調整方法

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

柴田迅
長井 良太(ながい・りょうた)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長・体重 180センチ70キロ
  • ■選手名鑑
    長井 良太
【関連記事】
第886回 36校の精鋭が頂点を目指す!接戦続出が予想される春季茨城県大会の見どころ!【前編】【大会展望・総括コラム】
第4回 豊作のドラフト会議2016を振り返る!注目の広島カープの獲得状況は?【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第65回 2016年のドラフトで、最も多く指名を受けた高校は?【ドラフト特集コラム】
第54回 高校生投手は豊作!ドラフト前に押さえておきたい31名の投手たち【ドラフト特集コラム】
第46回 ここまでプロ志望届けを提出した指名有望な逸材を徹底紹介!【ドラフト特集コラム】
常磐大高vsつくば秀英【茨城県 2016年夏の大会 第98回選手権茨城大会】
つくば秀英vs下館一【茨城県 2015年秋の大会 茨城県大会 新人戦】
長井 良太(つくば秀英) 【選手名鑑】
つくば秀英 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー