目次

[1]バントもバッティング同様「間」が大事
[2]荒木流バントは「芯に当ててコース重視」
[3]「インパクト時、意識は引いてバットは引かない」バントを実現するために

 県立熊本工(熊本)ではセンバツに2回出場。俊足巧打の遊撃手として1995年・ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団し、今年で21年目の荒木 雅博二塁手。4月26日現在・2007試合出場・1905安打と共に犠打も268。2番打者としてのバスター・エンドラン技術の高さも含めNPB屈指の「小技の達人」である。

 そんな荒木選手に対し「高校野球ドットコム」は、こだわりの小技に特化した独占インタビューを敢行!「小技」に悩む球児たちに向けたメッセージや技術指導も行ってくれた荒木選手の声にぜひ耳を傾けてほしい。前編はバントにおける「間」の取り方と、技術・メンタルの概論について。

バントもバッティング同様「間」が大事

一塁方向へのバントをする荒木 雅博選手(中日ドラゴンズ)

「プロへ進んだ出身選手を見て頂ければわかると思いますが、熊本工はもともと伝統的にバントや走塁に力を入れているチームですから、練習もよくしていました」

 自身も振り返るように、熊本工時代から1か所練習含め、バント練習に多くの時間を割いていた荒木 雅博選手。ただ、1996年・中日ドラゴンズに入団した彼に待っていたのは、高校時代にあれだけ練習量をこなしていたバントに対する「難しさ」であった。なぜかというと……。

 「高校の時はバントに対し、相手投手はストレートを投げてきたんですが、プロでは変化球や動くボールを投げてくる。ここの対応に時間がかかりました」

 制球がプロと比べアバウトなゆえに、バントをさせてからのフィールディングで勝負する高校生投手に対し、それ以前の「バントをさせない」配球で勝負するプロの世界。ただ、ここで荒木選手は基本に立ち返り、ストレートを確実にバントする練習で現在の地位を築いていった。その過程でポイントとしたのはバッティングでも必須となる「間」である。

「一番難しいのは点で合わそうとして、ミートポイントだけをイメージしてしまうこと。ですので、投手がリリースしてからバントをするところまで線を引いて、その中にバットを入れてあげる。それがバントです。なので、高校生の皆さんもマシンでもいいですし、フリーバッティングでもいいですから、練習の中でその線を引けるように練習してほしいですね。それができれば自由自在にバントができるようになると思います」

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。