第223回 北海道日本ハムファイターズ 増井 浩俊投手【前編】2014年11月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]筋力トレーニングはケガの予防にもつながる
[2]登板後のケア
[3]社会人から始めたウエイト トレーニングで球速が飛躍的にアップ

 プロ入り2年目の11年にリリーフに転向。以後、毎シーズン50試合以上に登板し、最速155㎞のストレートを最大の武器に、中継ぎエースとして活躍している北海道日本ハムの増井 浩俊投手。12年には最優秀中継ぎ投手を受賞する働きで、リーグ優勝に貢献した。

 181㎝73㎏の細身の体ながら、連投もいとわずにマウンドに立ち続ける増井投手に、前編では、『ケガ予防』をテーマにお話しをお伺いしました。

筋力トレーニングはケガの予防にもつながる

北海道日本ハムファイターズ 増井 浩俊投手

――セットアッパーという役割上、連投は避けられないと思います。そうした中、ケガ予防で気をつけているのはどんなことですか?

増井 浩俊投手(以下増井) 僕はプロ1年目に肩を痛めまして。原因は筋力不足だったので、ケガをしてからは筋力トレーニングをしっかりやっています。以後はケガをしていないので、筋力をつけることは、ケガ予防においても重要だと思っています。

 リリーフに転向したのは入団2年目ですが、お察しの通り、リリーフはどうしても連投があります。ですから、毎日のケアも欠かせません。僕はプロに入るまでリリーフの経験がなく、毎日ケアすることもなかったので、リリーフの先輩方からケアの方法を学びました。
今はトレーナーさんの手を借りてマッサージをしたり、電機や超音波の機器が揃っているので、それを使ってケアをしています。

――ケガ予防の筋力トレーニングには、たとえばどんなメニューがあるのですか?

増井 僕はふだん肩周りを重点的に鍛えているんですが、今一番いいと思っているのが『懸垂』です。自分の体重を腕だけで上げるというシンプルなものですが、『懸垂』をすると自ずと肩甲骨がよく動きますからね。肩甲骨の可動域を狭めずに筋力をつけることができて、投手には最適かと。それと自分の体重を使うので、重りでやるよりも無理なく筋力がつけられると思います。

――陸上競技の投てきの選手から、鉄棒でトレーニングをしているという話を聞いたことがあります。自重をコントロールすることで、体全体のバランスも養われるようですが。

増井 そうですね。そういうメリットもあると思います。僕はアマチュア時代、コントロールが悪く、それで苦しんでいたので、制球力を高めるためにも、バランスは強く意識しています。

ベストパフォーマンスを発揮するためのけが予防

このページのトップへ

【次のページ】 登板後のケア

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

増井 浩俊(ますい・ひろとし)
増井 浩俊(ますい・ひろとし)
  • 所属:静岡-駒沢大学-東芝-北海道日本ハムファイターズ
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:181センチ/73キロ
  • 1984年6月26日生まれ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第1172回 高校野球界から中学アカデミーへ転身を遂げた知将・島田 達二氏(元高知高監督)が提示する育成案 【2020年インタビュー】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第66回 「もっとイキイキと」投げてほしい 恩師が語る堀瑞輝(広島新庄-北海道日本ハムファイターズ)への想い【恩師が語るヒーローの高校時代】
第11回 「素材重視の指名か」スポーツライター・小関順二さんが日本ハムのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第93回 清宮 幸太郎(北海道日本ハムファイターズ/一塁手) 試練のプロ2年目を超え 「清宮スタイル」確立へ【高校野球コラム】
第64回 有原 航平(広陵ー北海道日本ハムファイターズ) 「スケールの大きい『実直・真面目』な姿に自然と期待が膨らんでいく」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第733回 ブランドン・レアード(北海道日本ハムファイターズ)「いつでもポジティブに!夢を信じて突き進め!」 【2018年インタビュー】
第618回 東海地区を代表するスラッガー成瀬和人(静岡)「強打復活のカギは右足の使い方」 【2017年インタビュー】
第514回 静岡高等学校 池谷 蒼大投手「育成プログラムで才能開花!選抜注目左腕が目指すもの」 【2017年インタビュー】
第495回 北海道日本ハムファイターズ 谷元 圭介投手(稲生出身)「土壇場に強くなるために、いつでも平常心で」【後編】 【2017年インタビュー】
静岡 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー