この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

ベストパフォーマンスを発揮するためのけが予防

 11月に入り、高校野球の公式戦も残りわずか。来年へ向けてトレーニングに励む学校も多くなりました。改めてこの時期だからこそ、自分の体を見直してはいかがでしょうか。故障を未然に防ぐ方法を知り、来年、ベストパフォーマンスを発揮するための準備を今から行っていきましょう。

ケガ予防にしっかり取り組む野球部に訪問!

  • 三重
    【11月19日公開】三重(三重)【後編】

    今年の甲子園準優勝の三重。率いるは、かつては三重中京大の監督として則本昂大選手を育てた中村監督。選手のベストパフォーマンスを発揮するために、常にどんな気配り、管理を心掛けているのか。

    【11月17日公開】三重(三重)【前編】

  • 春日部共栄
    【11月20日公開】春日部共栄(埼玉)

    この夏、9年ぶりの甲子園出場を果たした春日部共栄のウリといえば、投手力。毎年、力のある投手を揃える春日部共栄の投手管理をチェック!

プロ野球選手に聞く!

専門家からのアドバイス

  • 西村典子トレーナー
    【11月1日公開】セルフコンディショニングのススメ
    西村典子トレーナー

    「セルフコンディショニングのススメ」で連載をしている東海大野球部のトレーナー・西村さんの連載より、けがの予防・対策についてのコラムを紹介!

  • 塩多雅矢トレーナー
    【11月26日公開】塩多トレーナーの実践!予防学

    佼成学園でトレーナーを務めている塩多雅矢さんがチーム内で取り組んでいるコンディショニング管理の方法を紹介!チームで実践できる取り組みが満載!

  • 野球肘研究会 高原政利代表
    【11月第5週公開】野球肘研究会代表 高原政利が怪我予防法を伝授!

    野球選手で悩まされるのが肩、肘の痛み。それを防いで、プレーをしたいもの。今回は野球肘研究会代表の高原氏から医学という観点で、肩、肘の怪我を防ぐ方法をアドバイスいただきました。

このページのトップへ