印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第204回 【侍ジャパン18U代表】沖縄尚学高等学校 山城 大智選手2014年09月02日

 甲子園のファンを沸かせた”ライアン”山城 大智沖縄尚学)の18Uアジア大会デビュー戦は、まさかのノーライアンで始まった。その理由とは? そして、そのライアン投法の真髄に迫る。

ライアン投法の生命線は股関節の柔軟性

山城 大智(沖縄尚学)

「今日はノーライアンデーでした」

本人が語るように、今日の山城は全く独特の足上げをしなかった。理由を訊いてみた。

「今日は球威よりも、コントロールを重視しました」

 確かに立ち上がりから両サイドへのコントロールが安定していた。やはり独特の足上げに比べると球威は落ちてしまうので、球速は常時130キロ~135キロ(最速136キロ)とやや控えめな内容であった。だがテンポも良く、3回パーフェクト6奪三振の好投で、マウンドを降りた。

 ライアンと呼ばれるようになった独特の足上げは、まさに山城の専売特許とも言っていい武器だ。その独特の足上げが出来るのは股関節の柔軟性にある。関西大学のオープン戦前の練習で、山城の柔軟体操を見ていたが、しっかりと身体が地面に着いていた。それが頭にあったので、あの独特の足上げは股関節の柔軟性がないと投げられないねと聞くと、

「その通りです。硬い人は絶対に投げられないフォームです」

と自信を持って答えてくれた。では山城はどのようにして柔軟性を身に付けたのか。それは普段からの股関節のストレッチだという。もともとから股関節の柔軟性に自信があった山城。今のフォームを取り入れる時に、股関節の柔軟性を維持するためにも、練習後は毎日欠かさず、ストレッチを行ってきたという。時間はその日によってまちまち。これで良いと思えば、すぐに済ませた。その積み重ねとして、独特のライアン投法をより磨き上げた。

 今後の登板は決勝リーグになるだろう。その時はライアン投法で行くかと聞いてみた。

「もちろんです。相手はしっかりと振れる打者が多いですし、今日のような球威では厳しいと思うので、全力で立ち向かっていきたい」

 嵌ったときはとても手が出せないような一級品のストレートを見せて、甲子園のファンを沸かせた山城。今大会でも、ライバル韓国、台湾にあっと言わせる豪快なストレートを投げ込むつもりだ。

(文・河嶋 宗一


【試合レポート】18U日本代表vsスリランカ(2014年9月02日)

第10回 BFA 18Uアジア選手権

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

山城 大智
山城 大智(やましろ・だいち)
  • 所属:沖縄尚学高校
  • 学年:3年
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:176センチ75キロ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第764回 九州大会への出場2枠を目指す沖縄大会を、各ブロックごとに展望!【大会展望・総括コラム】
第705回 開幕直前!年々レベルアップしている沖縄県を勝ち抜くのは?【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
第82回 全国制覇経験のある興南と沖縄尚学の完全2強、中部商や美里工も台頭【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
第630回 21日開幕!!沖縄尚学、沖縄水産を追う学校は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
沖縄尚学vs美里工【沖縄県 2017年春の大会 春季沖縄県大会】
宜野座vs沖縄尚学【沖縄県 2016年夏の大会 第98回選手権沖縄大会】
明徳義塾vs沖縄尚学【2014年 第69回国民体育大会 長崎がんばらんば国体2014】
読谷vs与勝【沖縄県 2014年秋の大会 沖縄県秋季大会】
日本vsスリランカ【第10回 BFA 18Uアジア選手権】
第14回 甲子園総括コラム ~選手から振り返る 第96回全国高校野球選手権大会~ 【2014年選手権大会】
第13回 第96回全国高校野球選手権大会 甲子園のヒーロー紹介&準々決勝の見どころ 【2014年選手権大会】
山城 大智(沖縄尚学) 【選手名鑑】
沖縄尚学 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー