第15回 内川 聖一選手(福岡ソフトバンクホークス)に聞く!高校時代のゲン担ぎ2016年07月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 夏本番!皆さんは試合前や試合中にどんなゲン担ぎをしていますか?今回は、一流のアスリート選手たちが行っているゲン担ぎを伺いました!

高校時代は場面ごとにアンダーシャツを着替えていた!

 僕は高校時代はゲン担ぎをやっていました。高校野球はトーナメントなので、負けたら終わりの世界。それなので、心が安定することであれば、取り入れた方がいいと思って、ゲン担ぎはやっていましたね。

 僕の場合、高校3年生の夏には、球場に入る時のアンダーシャツ、シートノックに入る時のアンダーシャツ、試合に入る時のアンダーシャツ、試合に帰る時のアンダーシャツ。それぞれのタイミングでシャツを着替えて、場面ごとに同じシャツを着るようにしました。最後は(大分大会の)決勝戦で負けましたけど、ゲン担ぎをやることで自分の心を落ち着かせて試合に臨むことができたと思います。

 ただ、プロに入ってからは、そこまで細かなルーティンはないんです。それには、ソフトボールの日本代表の上野 由岐子選手の一言があります。
上野さんが話していたのは、「野球の場合、試合開始がきっちりと始まるけれど、ソフトボールの場合は、前の試合が長引いり、逆に試合が早く終わったりして、試合開始時間が大きく変わる。だから、やりたいことができなかったら不安になるので、ルーティンにこだわるよりも、いつでもベストの状態を出せる準備をした方が自分にとってプラス」とおっしゃっていたんですよね。さすがだなと思いました。

 それでも、試合の前に心を落ち着かせることができたり、パフォーマンスを上げるためのものがあって、それが心の拠り所になるのであれば、やはりゲン担ぎはアスリートにとっても大切なものですよね。

 僕は野球の神様はいてほしいと思うんです。いるかどうかわからないですけど、それは、いてほしいと思いますよ。練習を一生懸命やってきた人間と適当にやってきた人間では、一生懸命やってきた人間に勝ってほしいと思いますし、神様がいるとすれば、それを願いたいですよね。

内川選手に伺った独自の打撃論、そして内川選手自身の「マインド」についてもチェック!
オススメ!【勝てる!ゲン担ぎ特集】も注目!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第926回 選抜出場校の明豊と大分のマッチレースとか?!はたまた新勢力が台頭するのか?【大会展望・総括コラム】
第949回 どの試合でも存在感を示す大分工の柱・今宮悠斗(大分工)! 9年ぶりの甲子園へ攻守で躍動するのみ! 【2019年インタビュー】
第607回 後半に強いチームになれ!大分工が行ったメンタル改革!【野球部訪問】
第883回 平成最後の九州王者になるのは!?出場18校の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第909回 スパイクは「自分の身体を正しい方向に導くツール」 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【後編】 【2019年インタビュー】
第96回 「野球に対する気持ち」は選手顔負け!大分工マネージャー(大分)【頑張る!マネージャー】
第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】 【2019年インタビュー】
第852回 明豊、大分の2トップに追いつけ!激戦が予想される九州予選大分大会の見所!【大会展望・総括コラム】
大分工vs長崎商【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
延岡学園(宮崎)vs大分工(大分)【2010年夏の大会 第92回全国高校野球選手権大会】
大分工業vs明豊【大分県 2010年夏の大会 第92回大分大会】
大分工業vs別府羽室台【大分県 2010年夏の大会 第92回大分大会】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
大分工 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム