第84回全国選抜高等学校野球大会 出場校分析

横浜高等学校神奈川県横浜市金沢区能見台通46-1関東大会ベスト8(神奈川県1位)一覧へ戻る


学校長葛 蔵造
監督渡辺 元智わたなべ もとのり1944年11月3日生 横浜高→神奈川大(中退) 現役時代は外野手 68年4月から横浜高監督(一時期は部長職),78年に関東学院大で教員免許取得,社会科教諭。73年春,80年夏,98年,2006年春優勝,昨夏は高校日本代表監督としてアジアAAA選手権優勝を果たした。
責任教師平田 徹ひらた とおる1983年5月10日生 横浜高(2001年夏甲子園出場時主将・捕手)→国際武道大 大学卒業後の2006年から横浜高コーチ、2010年4月から責任教師 保健体育科教諭

選手名簿

  
打順
守備
名前ふりがな
身長体重投打

打数安打





打点三振





打率出身中学
1   △▲ 7投 柳 裕也 やなぎ ゆうや 3 178 74 右右 7 16 3 0 0 0 2 3 1 4 0 1 0.188 都城市立小松原(宮崎県)
2     8捕 佐藤 佑哉 さとう ゆうや 3 177 78 右右 7 21 7 0 0 0 4 3 2 4 1 1 0.333 横須賀市立大津
3 △▲ 4一 尾関 一旗 おぜき いっき 3 185 78 右右 5 6 2 1 0 1 2 0 1 0 1 0 0.333 箕面市立第五(大阪府)
4   △▲ 3二 樋口 龍之介 ひぐち りゅうのすけ 3 167 71 右右 7 29 9 1 0 2 4 2 0 2 0 1 0.310 横浜市立寺尾[鶴見区]
5   △▲ 9三 青木 力斗 あおき きりと 3 181 73 右右 7 19 9 2 0 0 1 2 6 3 6 2 0.474 川崎市立菅生[宮前区]
6   △▲ 2遊 高橋 亮謙 たかはし りょうけん 3 173 64 右右 7 26 10 3 0 0 6 2 6 1 3 1 0.385 箕面市立第三(大阪府)
7   △▲ 1左 宍倉 和磨 ししくら かずま 3 166 68 右右 7 21 9 0 3 0 6 2 8 1 6 0 0.429 横浜市立並木[金沢区]
8   △▲ 6中 拝﨑 諒 はいざき りょう 3 181 75 左左 2 6 1 0 0 0 1 0 0 1 0 1 0.167 佐野市立北(栃木県)
9   △▲ 5右 田原 啓吾 たはら けいご 3 181 84 左左 6 22 6 4 0 0 6 5 1 1 1 0 0.273 横浜市立瀬谷[瀬谷区]
10   △▲ 相馬 和磨 そうま かずま 3 169 60 左左 4 4 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.500 佐野市立葛生(栃木県)
11     佐藤 豪 さとう ごう 2 183 75 右左 - - - - - - - - - - - - - 横浜市立並木[金沢区]
12     石井 大地 いしい だいち 3 172 62 右左 - - - - - - - - - - - - - 大和市立引地台
13   △▲ 山内 達也 やまうち たつや 3 181 85 左左 7 23 9 2 1 1 6 3 2 1 0 3 0.391 江戸川区立小岩第四(東京都)
14     福谷 秀真 ふくたに しゅうま 3 172 70 右右 1 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.000 相模原市立相陽[南区]
15     有泉 隼男 ありいずみ はやと 3 170 67 右左 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000 横浜市立生麦[鶴見区]
16   長谷川 寛之 はせがわ ひろゆき 2 175 65 右右 3 4 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.250 荒川区立第九(東京都)
17   △▲ 中瀬 俊平 なかせ しゅんぺい 3 177 73 右右 6 13 2 1 0 0 0 2 1 1 1 0 0.154 台東区立桜橋(東京都)
18     吉村 佑也 よしむら ゆうや 3 179 67 右右 - - - - - - - - - - - - - 川崎市立臨港[川崎区]
19     小野 遼久 おの はるく 2 180 75 右右 3 10 3 1 0 0 1 3 1 0 0 0 0.300 横須賀市立不入斗
20   斎藤 宏貴 さいとう こうき 3 178 73 右右 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - 江東区立深川第二(東京都)
 平均 身長体重チーム合計試合数打数安打二塁打三塁打本塁打打点三振四死球犠打飛盗塁失策打率長打率
176.25 71.85 7 222 73 15 4 4 39 29 29 19 19 10 0.3290.486
  • 注:昨夏の△は地方大会登録選手、▲は全国選手権登録選手、◎は主将。

投手成績

名前ふりがな学年身長体重利き腕試合数完投完封無四球投球回数被安打奪三振暴投与四死球失点自責点防御率
柳 裕也 やなぎ ゆうや 3 178 74 7 3 0 0 44 0/3 31 31 1 12 8 4 0.82
相馬 和磨 そうま かずま 3 169 60 4 0 0 0 14 14 7 0 7 8 5 3.21
田原 啓吾 たはら けいご 3 181 84 1 0 0 0 3 3 3 0 0 2 2 6.00
 平均 身長体重チーム合計試合数完投完封無四球投球回数被安打奪三振暴投与四死球失点自責点防御率
176 72.667 7 3 0 0 61 48 41 1 19 18 11 1.62

公式戦 7試合 6勝1敗

月日場所大会スコア
対戦校安打打点三振四死球犠打飛盗塁失策投手名














自校相手
9/17 保土ヶ谷神奈川新聞S 神奈川県大会3回戦 9 - 4   厚木西 13 9 8 4 4 10 4 1 1 2 5 0 0 3 相馬、田原
江夏
9/18 保土ヶ谷神奈川新聞S 4回戦 4 - 3   桐光学園 8 4 1 1 3 7 8 3 3 2 4 0 3 1 松井
9/23 保土ヶ谷神奈川新聞S 準々決勝 12 - 0 8 川崎北 14 4 11 0 6 3 7 2 3 1 2 0 0 1 柳、相馬 千葉、酒井
坂井祐、酒井
10/8 保土ヶ谷神奈川新聞S 準決勝 5 - 1   横浜商大高 11 4 5 1 3 3 1 1 6 1 3 0 2 0 馬場
10/9 保土ヶ谷神奈川新聞S 決勝 4 - 3   東海大相模 7 6 4 3 3 8 7 4 1 1 3 1 1 0 柳、相馬 庄司、鳳山尚
笠間
10/31 小瀬スポーツ公園野球場 関東大会1回戦 8 - 1 8 下妻二 11 11 8 1 6 7 1 2 2 1 1 1 2 1 諏訪
11/2 小瀬スポーツ公園野球場 準々決勝 2 - 6   作新学院 9 10 2 6 4 3 1 6 3 4 1 1 2 0 柳、相馬 大谷
一試合平均スコア得失点計安打打点三振四死球犠打飛盗塁失策
自校相手自校相手自校相手自校相手自校相手自校相手自校相手
6.29 - 2.5744 - 18 10.43 6.86 5.57 2.29 4.14 5.86 4.14 2.71 2.71 1.71 2.71 0.43 1.43 0.86

練習試合 28試合 23勝1敗4分け
相手校:(8月)東海大浦安○○、二松学舎大附○△、鹿島学園○、東海大菅生●○、近江○○、北大津○○、花咲徳栄○○、水戸商○○、(9月)国士舘△○、(10月県大会途中)聖パウロ千葉○、湘南学院○○、(県大会後)安積○○、飛龍○○、(11月関東大会後)龍谷大平安○△、都立小平○、松戸国際

コメント
・チーム防御率は出場32校中10位,打率は同25位。昨夏の甲子園経験者が11人残る。
・投手陣は夏の甲子園からエースを務める柳 裕也が柱。全7試合に登板し3完投。防御率0.82は聖光学院岡野 祐一郎に次ぎ32校の主力投手で2番目に良い。ただ関東大会準々決勝の作新学院戦では爪をケガして途中降板せざる得なかった。
・控えの相馬も夏のマウンドを経験。秋は防御率3.21とやや精彩を欠いた印象だ。
・打線は近藤(北海道日本ハム)、乙坂(横浜DeNA)らが抜け,県大会前半から苦しんだ。ただ,桐光学園戦で8,東海大相模戦で7つの四死球を得るなど,打てなくてもチャンスを作る伝統校らしい攻めが目立った。
・1番の宍倉は3本の三塁打で長打率7割1分4厘をマークし,出塁率も5割6分7厘。秋は野手に回った山内 達也関東大会で4番を任され,長打率は6割9分6厘に上った。
・守りでは7試合で10失策。作新学院戦では柳 裕也の降板後に焦りが見られた。経験者が多いチームとはいえ,チームの若さが見られた印象だ。

過去の戦歴
高校別データベース 横浜

  • 注:上記データは、主催者が発表した出場校提出の試合成績報告書に基づく。
    本大会での登録選手はこの限りではありません。

  • 監修:松倉 雄太