目次

【目次】
[1]高校全学年で「ピッタリ」に軍配
[2]プロ選手のこだわりとは?

 グラブやスパイクなどとともに、練習に試合にと、欠かせない用具の一つが、ユニフォームの下に着る「ギア(アンダーウェア)」。近年、着用感や発汗性などの面で、どんどん進化しており、各メーカーが、さまざまな高性能のギアを開発、発売している。
 では、今の高校球児に人気なのはどんなタイプなのだろうか?高校野球ドットコムが行ったアンケートなどから最新トレンドを分析!いよいよ本格的に始動する新1年生の高校野球部員にとっても、参考になること間違いなしだ。

高校全学年で「ピッタリ」に軍配

 高校野球ドットコムでは、ギアについて「ピッタリ派」か「ゆるピチ派」かを、読者にアンケート。2014年3月1日~4月24日の期間で、539人から回答を得た。(現在も回答を受付中)

 このうち、高校生は270人。全体の62.96%にあたる170人が「ピッタリ派」を選択、対する「ゆるピチ派」は100人(37.04%)だった。学年別に見ても、

学年ピッタリ派(割合)ゆるピチ派(割合)全体数
1年生65人(56.52%)50人(43.48%)115人
2年生58人(68.24%)27人(31.76%)85人
3年生47人(67.14%)23人(32.86%)70人

* 学年はアンケート回答時のもの

と、全学年で「ピッタリ派」が勝利!2、3年生はともに、7割近くが「ピッタリ派」を選んだ。

 中学生なども含めた全体数でも、「ピッタリ派」が312人(57.88%)、「ゆるピチ派」が227人(42.12%)と、「ピッタリ派」が多い結果に。
 野球用品店などによると、以前はゆったりとしたギアが主流だったが、10年ほど前からピッタリとした商品が増え、購入する高校生が多くなってきた。さらに、最近は、より着心地が良い「ゆるピチ」の商品がだんだんと人気になってきているという。

 現在、高校生に人気のミズノの「バイオギア」など、各メーカーから数多くのギアが発売されているが、最新ギアの特長の一つとして挙げられるのが、発汗性の良さだ。
 ポリエステルやポリウレタンを素材に使っているため、汗をかいても乾きやすい上に、生地の外側に汗が出てくるので、その表面を拭くだけで、1日の練習中に何度も交換する必要がない。洗い替えを含め、まずは3枚ほどそろえておけば、数的には十分足りるという。

 袖の長さ、首回りの形なども含めて見ていくと、発売されているギアは多種多様。次は、プロで活躍する選手たちがギアを選ぶ上での基準を見ていこう。

このページのトップへ