border=

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第15回 ブルペンキャッチャーの心得 大滝裕也(日本文理)2012年02月03日

 2011年、夏の甲子園に2季連続出場を果たした新潟の日本文理田村 勇磨波多野 陽介の2人の2年生投手を軸に、新潟大会を無敗で勝ち上がってきた。

 そんな投手陣を支えてきたのが、3年生捕手の大滝裕也。高校2年の夏、自らブルペンキャッチャーの道を選んだ。それは、高校野球の残りの一年間を“プレーヤー”としてではなく、“裏方”というポジションで自分を生かすという選択でもあった。
 まだマウンド経験少ない後輩投手たちを育ててきた大滝の存在は、チームにとっても大きかった。いったい、なぜ大滝は自ら決断をしたのか。また、どんな工夫をして負けない投手陣を育てていったのか。

 今回は、2012年3月に高校卒業となる大滝裕也選手から、チームと後輩が成長するためのヒントを語っていただきました。(以下、大滝裕也選手談)

【目次】
ブルペンキャッチャーの役割とは?
後輩の成長を感じた冬

チームの戦力になりたかった

 大滝裕也(日本文理)

 当時、正捕手には同級生の村上がいて実力もダントツだったので、チームのことを考えたら、自分がブルペンキャッチャーに専念すれば、ピッチャーがもっと育つんじゃないかな。そういった存在がチームに必要なんじゃないかなと思って、新チームが始まった8月のはじめに選手から転向しました。

 僕は甲子園で勝つために文理に入ったので、その中で自分が戦力になれるには、これしかないなって感じたんですよね。試合に出ている9人だけが戦力じゃないって思っていましたから。

意味のない練習をさせない

 波多野陽介(日本文理)

 田村や波多野たちとは、学年が違うので学校とか寮ではあまり一緒にいることが出来ない分、練習中は邪魔だって思われるぐらい常に一緒にいました。

 ランニングも一緒に長距離を走って、一緒にキャッチボールもやる。常に近くにいて、今日の課題を聞きながらアップしたり、僕からも「今日はこうしたらいいんじゃない?」とコミュニケーションをとる。ブルペンに入る前に、ピッチャーとの意識統一を図ることが大事だと考えていたからです。
 もし、ピッチャーが何かその日に課題を持っていたのに、キャッチャー側が分からずになんとなくブルペンに入っていたとしたら、練習の意味がないんですよね。

 ただ速い球を投げる、ただ球数を多く投げることなら誰でもできるけど、高校野球は考えてやらないと勝てない。だから、「こういう場面を想定してやろう」とか、「今日はクイックやろう」とテーマを決めたり、ピッチングフォームのビデオを撮って「明日はこういうふうにして投げよう」とピッチャーと話し合いながらやっていましたね。

このページのトップへ

【次のページ】 ブルペンキャッチャーの役割とは?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
第721回 1回戦から名門校対決が実現!最初から目が離せない新潟の夏を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
日本文理vs金沢学院【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
日本文理vs坂井【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
日本文理vs加茂暁星【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
日本文理vs新津南【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
第643回 県2強日本文理・中越に続くチームの存在【大会展望・総括コラム】
第480回 日本文理【後編】悩み、学び、考える新潟の長い冬【野球部訪問】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
日本航空石川vs日本文理【2017年秋の大会 第137回北信越地区高校野球大会(平成29年度秋季)】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第217回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【後編】 【2014年インタビュー】
第216回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【前編】 【2014年インタビュー】
日本文理 【高校別データ】
日本文理大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム