目次

[1]秋の東海王者・日大三島がリード
[2]享栄のドラフト候補左腕の復活に期待
[3]前チームの期待も背負う岐阜第一
[4]2枚看板擁する三重、津商、津田学園が追う

 東海4県の秋季県大会の結果を見ると、新鋭校の台頭というよりも、「昭和時代」から実績のある、学校の復活的な躍進が目立った。来季、東海地区の高校野球は「昭和復古」の空気を感じさせることになるかもしれない。

秋の東海王者・日大三島がリード


 1984年(昭59)以来のセンバツ出場を果たすことになりそうな日大三島は、報徳学園(兵庫)で全国制覇に導くなどの実績を作った永田 裕治監督が就任して今季で3年目。県大会を制し、その後の東海地区大会でも優勝して早くも実績を挙げた。その日大三島を中心に、静岡掛川西浜松商などの公立伝統校が追っていく構図となりそうだ。

 日大三島は、明治神宮大会では敗れはしたが粘りを示した。甲子園でどのような戦いをするのか楽しみだ。そこで自信を得ていけば、県をリードする立場になっていくであろう。「勝っていくことで、少しずつ自信を得てきたようで、大人しかった選手たちも、自己主張してアピールしてくるようになってきた」と、永田監督も結果がもたらした成果を実感している。

 夏の代表校となった静岡は、夏の経験もある鈴木 脩矢(2年)と吉田 優飛(2年)の両投手や、山本 和輝内野手(2年)、山岸 廉尊内野手(2年)らの野手陣も残っており、チームの経験値も高い。秋季県大会は3位校となり東海大会に進出。初戦で大垣日大(岐阜)に敗退したがそれをバネにしていくであろう。

 2位校として出場した東海地区大会で、ミラクルな快進撃を果たして準優勝したのは聖隷クリストファー。初めてのセンバツ甲子園に出場すれば、そこで新たな自信を得ていき、飛躍的成長が期待できそうだ。

 掛川西も、春季東海地区大会優勝のメンバーから今駒 翔太外野手(2年)や、羽切 佑太朗内野手(2年)らが残っており、チーム力は厚い。投手の軸が台頭すれば、夏のベスト4以上の実績も挙げられそうだ。その掛川西と、秋季大会で接戦を演じた浜松商も伝統の粘り強さは健在だ。

 秋季県大会ベスト4で進学校の浜松西静岡市立浜松市立に加え、21世紀枠の県推薦校となった科学技術なども面白い存在だ。

 他には、近年安定してきた加藤学園磐田東、今秋は中部地区予選初戦の敗退で悔しい思いをした藤枝明誠も巻き返しを狙う。新体制となった東海大静岡翔洋も注目だ。昨春のセンバツで21世紀枠として甲子園出場を果たした三島南も、植松 麟之介投手(2年)と深瀬 涼太捕手(2年)のバッテリーが健在で楽しみだ。常葉菊川、常葉大橘の常葉大勢や名門・静岡商島田商などの伝統校も、どのような戦いを見せてくれるのか注目したい。