第94回 多摩大聖ヶ丘時代に通算38発を放ったソフトバンク・福田秀平がFA宣言2019年10月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高校通算38発を放った平成生まれ初のドラ1選手

 25日、福岡ソフトバンクホークスの福田秀平外野手がフリーエージェント(FA)宣言を行使した。人的補償の必要がないCランクの福田には複数球団が興味を示しており、争奪戦となりそうだ。

高校通算38発を放った平成生まれ初のドラ1選手



 多摩大聖ヶ丘(東京)からプロ入り13年目の福田は、高校時代には通算38発を放ったスラッガーでもあった。横浜市の軟式野球チーム・藤が丘ファイヤーズで野球を始めた福田。中学時代には硬式の世田谷ボーイズで活躍した。

 高校は甲子園出場経験のない多摩大聖ヶ丘に進学すると、1年春から内野のレギュラーに定着した。3番打者として臨んだ3年夏の西東京大会では、シード校として2回戦から登場。都立大泉にコールド勝ちを収めると、3回戦で八王子との接戦を制し、4回戦では明大中野八王子に粘り勝ち、準々決勝の専修大附からサヨナラ勝ちと、ベスト4まで駒を進めた。

 しかし、迎えた準決勝では序盤から日大三打線に押され、リードを許す展開。1対7の8回裏、高校通算38本目となる一発を放ち5点差に迫るも、9回に突き放され、2対10で敗戦。甲子園出場はならなかった。

 同年秋のドラフト会議・高校生選択会議にて、ソフトバンクから1巡目指名を受け高校初のプロ入りを果たした。その後は2010年のデビューから通算で696試合に出場し、255安打、24本塁打、120打点、79盗塁という成績を残している。選手層の厚いソフトバンクにあって、プロ入り後13年間で規定打席到達はないものの、勝負強い打撃、広い守備範囲、走塁と出番を問わず活躍を見せてきた。

 ホークスへの愛着を語る一方で、大勝負に出たい気持ちもある。早生まれの福田は、野手としては平成生まれ初のドラフト1位指名選手でもある。そんな福田が13年をかけて手にしたFA権。今後の展開に注目が集まる。

記事=林 龍也

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
多摩大聖ヶ丘vs東京電機大高【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
第78回 150キロ右腕から強肩強打のスラッガーへ。福岡ソフトバンク・小林 珠維(東海大札幌出身)を変えさせた2年夏のベンチ外【恩師が語るヒーローの高校時代】
第76回 生かす殺すも自分次第。福岡ソフトバンクが誇る神足・周東佑京(東農大二出身)を変えた大学4年間【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1116回 剛速球右腕・甲斐野央(福岡ソフトバンク)が振り返った激闘の1年目。2年目の目標達成のために掲げた3つの課題 【2020年インタビュー】
第8回 「育成力を武器に将来の主軸候補を」スポーツライター・小関順二さんがソフトバンクのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第92回 カーター・スチュワート・ジュニア(福岡ソフトバンクホークス/投手)無限大の将来性を持ってフロリダからやってきた「若鷹右腕」 【高校野球コラム】
都立目黒vs多摩大聖ヶ丘【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
明星vs多摩大聖ヶ丘【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第909回 スパイクは「自分の身体を正しい方向に導くツール」 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【後編】 【2019年インタビュー】
第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】 【2019年インタビュー】
第848回 激戦区多数!本戦へ進むのは?【春季都大会・1次予選展望】【大会展望・総括コラム】
聖パウロ学園vs多摩大聖ヶ丘【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
多摩大聖ヶ丘vs実践学園【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
福田 秀平(多摩大聖ヶ丘) 【選手名鑑】
多摩大聖ヶ丘 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム