第87回 櫻井周斗(横浜DeNAベイスターズ) 清宮を封じた若き剛腕 左腕王国のリリーフエースへ2019年09月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 令和という新しき元号を迎えた2019年のプロ野球で、高卒2年目・1999年度生まれの選手たちが躍動している。現在、セ・リーグの本塁打・打点部門2冠を見据える村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ・一塁手兼三塁手)を筆頭に、外国人選手1名を含む支配下登録選手34名(セ・リーグ17名、パ・リーグ17名)中、19名(セ・リーグ10名、パ・リーグ9名)が早くも一軍の舞台を踏み、それぞれの舞台で活躍を続けている。

 そこで、今回はその中で特に将来が期待できる選手を何人か取り上げていきたい。第4回は横浜DeNAベイスターズの期待の左腕・櫻井 周斗(さくらい・しゅうと)を紹介する。

 178センチ80キロと、高卒2年目ながらどっしりとした立派な体格。マウンドにたてば見事な投げっぷりで、横浜DeNAベイスターズのリリーフとして頭角を現しつつある櫻井 周斗(1999年6月25日生まれ・左投左打)。今季はここまで13試合に登板し1ホールド・14.2回を投げて14奪三振・防御率5.52を記録。150キロの速球と鋭いスライダーを武器に高い奪三振率を誇っている。

第1回はこちらから
平良 海馬(埼玉西武ライオンズ・投手) 最速156キロの原動力は八重山商工時代の猛練習
第2回はこちらから
清水 達也(中日ドラゴンズ・投手) 聖地の頂点糧に、今度はナゴヤドームで頂点へ
第3回はこちらから
西浦 颯大(オリックス・バファローズ/右翼手) 「不完全燃焼」だった明徳義塾時代を糧に

清宮を5打席連続三振に封じ込めた男



高校時代の櫻井周斗

 小学校6年時には東京ヤクルトスワローズに選ばれるなど、早くからその才能を発揮してきた櫻井。中学時代には新座リトルシニアに入団したが、肘の故障のため野手に転向。当初の打について「まったくダメで、外野へ飛ぶのがやっと」というほどだったが、元西武の藤村雅人監督の指導を受け、懸命に振り込み、強打の外野手として活躍。名門・日大三の門を叩いた。

 日大三では1年秋から野手のレギュラーを掴むと、2年夏には投手陣の故障から本格的に投手に復帰。西東京大会で好投を見せると、直後の秋、櫻井の名を全国に知らしめる出来事が起きる。秋季都大会決勝、超高校級スライダー・清宮 幸太郎(現・日本ハム)を擁する早稲田実業との一戦で先発した櫻井は、その清宮を5打席連続三振に仕留めてみせたのだ。試合はサヨナラ負けを喫したものの、この一戦で一躍全国区の存在となったのだ。

 翌春選抜に出場し、迎えた春季都大会。決勝の早稲田実業との再戦では、異例のナイターゲーム開催となるなど、大きな話題となった。高校最後の夏は西東京大会準々決勝で敗れるも、その後のWBSC U-18ベースボールワールドカップの日本代表に選出され、主に指名打者・外野手として活躍。その年のドラフト会議で5位指名を受けプロ入りを果たした。

 プロ入り後は1年目の春季キャンプからアピールし、オープン戦で勝利を挙げるなど順調にステップアップ。日本ハムとのオープン戦で清宮との再戦が実現し、三振を奪ったことは当時話題となった。1年目は一軍登板こそなかったが、オフにはU-23日本代表に選ばれると、チームの準優勝に貢献するなど充実の1年目となった。

 そして迎えた今シーズン、6月7日の埼玉西武戦の9回にリリーフとして初登板を果たすと、いきなり山川穂高を三振に仕留めるなど、1回を投げ無失点、2奪三振のデビューを飾った。

 その後は一軍とファームを行ったり来たりという日々が続ているが、優勝がかかった戦いが続く9月19日に再度一軍登録。チームは優勝こそ逃したが、ここから続くCS、日本シリーズと、長い戦いへ向けて戦力となるべく、登板機会をうかがう。左腕王国を形成しつつあるチームで、「左のリリーフエースと言えば櫻井」と呼ばれる日もそう遠くないのかもしれない。

関連記事はこちらから
櫻井周斗(横浜DeNAベイスターズ) 清宮を封じた若き剛腕 左腕王国のリリーフエースへ
櫻井周斗(日大三)「強打の二刀流が誓った2つの決意」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第4回 1つの『転』機となった2019年東京都の高校野球 今年を表す漢字は『転』しかない!【東京の高校野球】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs安田学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs八王子【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
錦城vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第1054回 「自分のできることに集中する」規律を重んじるカリビアンスラッガーのルーツ ネフタリ・ソト(横浜DeNAベイスターズ) 【2019年インタビュー】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
櫻井 周斗(日大三) 【選手名鑑】
日大三 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム