第575回 櫻井周斗(日大三)「強打の二刀流が誓った2つの決意」2017年09月09日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 9月8日、第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ7日目。決勝進出を目指して望んだカナダ戦は逆転負けとなった。次の韓国戦では勝つことが大前提。今回は韓国戦へ向けてのキーマンを紹介。まずは強打の二刀流、櫻井 周斗日大三)。この試合、櫻井は2つの決意をしていた。その内容とは...。

今大会は安打を打つことに専念している

櫻井周斗(日大三)

 国内合宿では投手として力強い速球とキレのある変化球で三振を多く奪い、打っても右、左へ強い打球を飛ばし、投打で高い才能を示していた櫻井 周斗。今回は、野手がメイン。連日5番~6番としてスタメン出場し、安打を重ねるバッティングを見せ、オーストラリア戦では先制のタイムリーを打ったように、ここまで19打数6安打と、その貢献度は大きく、世界一を目指す上で欠かせない戦力となっている。ここまで活躍について櫻井はボールの見極めと好球必打の徹底が活躍を生んでいる。

「やはりボールの見極めですね。最初は結構ボール球を振ることが多かったのですが、だんだん見極めも少しずつできるようになってきていると思います。そしてベルト寄りのボールを見逃さずに打つことです」

 日大三ではスラッガーとして活躍が求められる櫻井だが、ここではヒットを打つことを重視している。
「やはり木ですし、ボールを動かす外国人投手と対戦するわけですから、長打を求めても意味がないと思っています。このチームには清宮(幸太郎)、安田(尚憲)とスラッガータイプがいるわけですし、自分は野手の間を抜くヒットを打つことをテーマにしています」

 自分の役割を理解していることが、首脳陣の信頼を与え、試合に出場続けることができる要因だろう。ただ課題としているのは、活躍を続けることだ。

「自分の場合、タイムリー1本打った、ヒット1本打っただけで終わっていることが課題です。そういう場面で打てば、チームはつきはなすことができただけに、次の試合ではもう1本打てることにこだわっていきたい」

 今回のカナダ戦は活躍を続けることをテーマにした一戦だった。まず櫻井の1安打目は5回裏の第3打席。清宮幸太郎の本塁打の後、その勢いに続いて、センターへ打球を飛ばした。そして9回裏の第5打席。櫻井はこういう心境で打席に臨んだ。
「夏で東海大菅生に敗れた試合なのですが、9回に自分が先頭打者で三振だったんです。しかも初球甘いコースを見逃してしまって。夏、悔いが残ったのはその辺りなんです」と振り返る。だからこそ初球から振っていった。詰まりながらもショートへの内野安打。今大会2試合目のマルチ安打となった。櫻井は自分が与えられた課題をしっかりとクリアした。迎える韓国戦。勝つことが大前提となる。韓国戦へ向けてこう意気込んだ。

「韓国はアメリカに敗れたとはいえ、対等にやっているチーム。強いチームだと思います。大事なのはファーストストライクから打っていく姿勢だと思います」

敗れても、しっかりと前を見据えて自分がやるべきことを話す櫻井の姿はやはり頼もしい。そして同じ失敗を二度しないという姿勢が活躍へとつながっている。3番安田、4番清宮の活躍は5番打者がどれだけプレッシャーを与えられるかが大事となるだろう。そういう意味で、櫻井 周斗に対する期待は大きい。

 やることはただ1つ。チームの勝利のためにヒットを1本1本を積み重ねていくだけだ。

(取材/文・河嶋 宗一

注目記事
第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

櫻井周斗
櫻井周斗(さくらい・しゅうと)
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投左打
  • ■選手名鑑
    櫻井 周斗
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第10回 世界の高校球児にインタビュー!台湾編「来年のアジア選手権でもマークしたい郭天信選手」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第13回 U18を終えて 安田尚憲(履正社)「世界大会は自分を見つめ直し、成長させてくれた場所」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第103回 田浦文丸(秀岳館)のピッチングは高いステージで活躍する左投手のお手本だ【ドラフト特集】
第102回 清宮幸太郎が歴史に残るスラッガーになるにはしっかりとした準備期間が必要だ【ドラフト特集】
第12回 U18を終えて 増田珠(横浜)「諦めず、自分のスタイルを貫けば、必ず報われる 」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
第574回 安田 尚憲(履正社)「打撃の求道者、あくなき追求が劇的勝利を呼び込む」 【2017年インタビュー】
櫻井 周斗(日大三) 【選手名鑑】
日大三 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー