目次

【目次】
[1]松坂大輔〜島袋洋奨
[2]大谷翔平・藤浪晋太郎〜吉田輝星

 平成が間もなく終わろうとしている。高校野球もいろいろなドラマがあった。今回は平成に入ってからの甲子園で活躍を見せたスター・怪物と呼ばれた投手を紹介していきたい。

松坂大輔〜島袋洋奨


1998年 松坂 大輔横浜
 センバツ優勝投手となり、夏では準々決勝でPL学園戦で延長17回の熱投、さらに準決勝の明徳義塾戦では勝利を呼び込むリリーフ、決勝の京都成章戦ではノーヒットノーランと華々しい活躍を見せた。

2004年 ダルビッシュ 有東北
 2004年センバツではノーヒットノーランを達成。2004年夏も2試合連続完封と圧巻の投球。190センチを超える長身ながら145キロ前後の速球、多彩な変化球を投げ分ける投球は改めて見ても別格だった。

2005年 田中 将大駒大苫小牧
 高校2年生ながら最速150キロをマークし、25.2回を投げて38奪三振と圧巻の投球を見せた。そして2006年夏も決勝進出に導き、まさに世代を代表する投手だった。

2006年 斎藤 佑樹早稲田実業
 7試合を投げて69回、78奪三振、防御率1.17と素晴らしい成績を残し、並み居る強豪を破り、決勝戦でも駒大苫小牧戦ではすべてのイニングを投げ切り、見事に優勝投手となった。

2009年 菊池 雄星花巻東
 選抜初戦の鵡川戦では完封勝利。150キロの速球と切れ味鋭いスライダーを投げ分け、一気に目玉投手へ。夏では最速154キロをマーク。今、振り返ると平成最後の怪物左腕だっただろう。

2010年 島袋 洋奨興南
 攻守で全く隙がない興南の大エース。琉球トルネードと表現できるフォームから繰り出す140キロ中盤の速球、スライダー、ツーシーム、スプリットで圧倒する投球は見事だった。