目次

[1]投手陣の層が厚い一関学院だけではなく、ノーシードの宮古商、釜石が注目/久慈、水沢は夏も躍進なるか
[2]盛岡大附・専大北上と今年の岩手を代表する強打のチームも注目/花巻東は持ち味の投手力と守備力の高さを常に発揮できるか

 2013年夏の甲子園4強入りした花巻東試合レポート)や、昨夏の甲子園で東海大相模を破った盛岡大附試合レポート)など、近年躍進が光る岩手勢。今年もポテンシャルが高いチームが揃い、強豪県として地位を高めている岩手県の状況を占っていきたい。

投手陣の層が厚い一関学院だけではなく、ノーシードの宮古商、釜石が注目

佐竹 城一郎(一関学院)

 まずシードの一関学院。投球術が光る左腕・佐藤 拓斗、速球派左腕・佐藤 一郎、最速145キロを誇る佐竹 城一郎と投手陣の層は厚い。さらに打線でも、強肩強打の捕手・高橋 柊也、バットコントロールの良い遊撃手・田村 裕哉など野手のレベルも高く、総合力が高いチームだ。
初戦は岩泉vs一関二の勝者と対戦する。同じくシードの盛岡三は強打の内野手・小原 和樹が注目。初戦は、宮古水産と対戦する。

 注目は昨秋東北大会出場の宮古商昨秋8強の釜石が初戦で対決。宮古商は、4番でエースの森谷 秀吾と1番を打つ内藤 優真が注目。釜石は130キロ中盤の速球とキレのある変化球を駆使する右腕・佐々木 瑞貴がカギとなる。また春の県大会初戦で一関学院と3対5と接戦を演じた一関一も面白い存在だ。

久慈、水沢は夏も躍進なるか

 8強の久慈は左腕エースの菊地 快と捕手の石井 智也が投打の軸で、粘り強い試合運びが光る。初戦は遠野vs盛岡農と対戦。また4強の水沢はエースの植松 大輔が投打の中心で、同じく主軸を打つ村上 雄飛も注目選手だ。初戦は花巻北大船渡東の勝者と対戦する。

■岩手県の高校のコラムを一挙紹介!
【野球部訪問】盛岡大学附属高等学校(2013年05月07日公開)
■岩手県のチームに、この夏にかける熱い思いを聞きました!
【僕らの熱い夏】県立伊保内高等学校(2015年06月25日公開)
【僕らの熱い夏】県立福岡高等学校(2015年06月20日公開)
【僕らの熱い夏】専修大学北上高等学校(2015年05月28日公開)

このページのトップへ

第97回全国高等学校野球選手権大会
僕らの熱い夏 2015
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!