東邦・宮國凌空

トーナメント表
東海大会の組み合わせ

トーナメント表
愛知県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

トーナメント表
静岡県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

トーナメント表
岐阜県大会の勝ち上がり

トーナメント表
三重地区予選の勝ち上がり
県大会の勝ち上がり

■大会の詳細・応援メッセージ
第75回 秋季東海地区高等学校野球大会

 記念大会となる来春の第95回選抜高校野球大会。先日、代表校が例年の32校から4校増加され36校となることが発表された。その増加枠が東海地区にも一つ回ってきたことで、チャンスが増えた。それだけに今秋の東海地区大会は、より一層盛り上がっていきそうだ。

 ことに、今年は東海4県の力が接近しており、接戦が予想される。そんな東海地区大会を展望してみた。

 東海4県の中は実力接近だが、最も参加校が多く、その戦いを経てきた愛知県勢が、わずかにリードしているといえそうだ。その愛知県大会を制したのが東邦だった。エース・宮國 凌空投手(2年)はコンスタントに140キロを超えるストレートもさることながら、制球もよく安定した投球は定評がある。昨秋の1年生大会でも優勝投手となっており、経験値も高い。また、打線も強力でリードオフマン中村 騎士内野手(2年)、中日・石川 昂内野手の弟で4番で主将を務める石川 瑛貴内野手(2年)らの打撃も注目だ。

 その東邦の初戦の相手は静岡2位の常葉大橘と三重3位の海星の勝者となる。常葉大橘は図抜けた選手がいるワケではないが、左腕・杉田 洋大投手(2年)が安定している。「安心して試合を任せられる」と、片平恭介監督も絶対的な信頼を置いている。海星は県大会1回戦で津田学園を下して勢いに乗った。機動力も駆使しながら皇學館宇治山田商といったところに競り勝ってきた。高橋 龍史投手も注目されている。

 このゾーンは、4強争いでは三重県1位で夏の三重大会優勝校でもある三重が、大垣日大(岐阜2位)、愛工大名電(愛知3位)の勝者と争う。いずれも甲子園での実績もある伝統校で、どこが進出してきてもおかしくはない。夏の甲子園ベスト8の愛工大名電は、新チームのスタートは遅れたが、笹尾 日々喜投手(2年)も投げる度に成長を見せている。3位決定戦となった中京大中京との試合では3安打完封で三塁も踏ませない好投だった。リードする秋葉 奨太も評価が高い。

 8年連続の東海大会出場となった三重は、甲子園でも中軸を打っていた野田 泰市外野手(2年)、大越 渉内野手(2年)らが残って、打線は力強い。春のセンバツ出場校でもある大垣日大は、県大会準々決勝で県立岐阜商を下して力のあるところを示した。経験も豊富な山田 渓太投手(2年)の投球次第では、2年連続準決勝進出もあり得る。