メンバー一覧
U-18代表20名が発表!今年の高校野球の顔や、世代屈指のスラッガー、高校生No.1捕手が選出!

関連記事
高校生No.1右腕・山田陽翔、本格派、技巧派揃いのU-18代表投手陣8名を徹底紹介!
松尾、渡部、野田と今年のU-18代表捕手3名は全国大会経験豊富!守備の要として活躍できるか?
U-18代表の内野手6名は好打者揃い!木製バットへの順応が早そうな打者たちも!
浅野、海老根などU-18代表外野手4名の守備力は、歴代トップレベル!浅野はスラッガーに相応しい活躍を見せることができるか?

 U-18代表の結団式と記者会見が行われた。馬淵監督が改めて今年のチーム構想について語った。例年のチームと比較しながら、現状を考えていきたい。(代表選手は全員3年生)

 馬淵監督は今回のチーム編成についてこう語った。

「2年ほど待って、やっと世界大会ができるようになりましたが、日本代表として戦う上で、どのチームを作ればいいか考えていました。日本が誇れる、基本がしっかりした野球、機動力を使った野球を全面に出せれば、世界大会でも通用するのではないか。そういった野球がどれだけ通じるのか、世界大会でそういうゲームをやってみたい」

「このメンバーを決めるのも、私のわがままを通してもらって、しっかり守れて機動力が使える選手たちでゲームをやってみたいとずっと考えていました。3年越しで、できるようになったので、どこまでできるか不安がありますが、日の丸のユニホームを着て、ひしひしとそういう気持ちがわいてきたといいますか、感じています」

 馬淵監督が語るように、改めて代表メンバーを見ても機動力を使える選手が選ばれた印象だ。歴代と比較すれば、今年のチームは、スラッガー型の選手は少なく、木製バットでも長打が期待できる選手を挙げれば、浅野 翔吾外野手(高松商=香川)、松尾 汐恩捕手(大阪桐蔭=大阪)、渡部 海捕手(智辯和歌山=和歌山)、海老根 優大外野手(大阪桐蔭=大阪)、内海 優太外野手(広陵=広島)の5名ぐらいだろう。

 ただ、馬淵監督は野球脳が高く、俊足型の選手を最大限に生かす名将である。馬淵監督の野球にマッチしていると思うのが、赤堀 颯内野手(聖光学院=福島)ではないか。小柄であるが、シャープな打撃ができて、小技もしっかりとこなせて、非常に実戦的。守備もスピーディーで、視野の広さが光る。明徳義塾のユニホームを着せても全く違和感がないというほどで、今年の代表チームでは副将を任されている。

 また、俊足巧打の黒田 義信外野手(九州国際大付=福岡)、伊藤 櫂人内野手(大阪桐蔭=大阪)は持ち味を発揮すれば、キーマンとなりそう。長打力だけではなく、俊足の浅野について、こう期待をしている。

「ロングを打てるに越したことないですが、彼は脚力もある。足が速い選手でも、牽制のルールとか、私も経験しましたが、日本のボークが、海外はそうでないこともあるので、盗塁してくれたらいいですが、それ以外の部分でも。機動力は盗塁だけではないので、そこで使ってくれれば。浅野はできれば出塁して後ろにつなぐ活躍をしてくれれば」

 今年の代表チームの理想形としては、「戦術で勝った」「機動力をうまく使って守り抜いて接戦を勝利した」という形になれば良いのではないか。

 打順の決め方についても馬淵監督は「とにかく短期決戦なので、私の固定観念で誰を何番とかあまり考えていない。調子のいい選手が投手も野手も出ます。だから選手には『調子を上げてくれ』と言っています。首脳陣が悩むくらい全員調子よければいいですが、調子のいい選手をどんどん出すので(調子を)上げてくれよと言っています」

 スタメンの野手たちが活躍することが前提ではあるが、相手国を徹底分析した上での、最適な戦い方をすることができるかが鍵になる。馬淵監督のこれまでの甲子園での実績を見ても、前評判が高く、ポテンシャルの高いチームにも、その相手チームに応じた戦術を発揮し、打ち破ってきた。強豪国相手にもそれを発揮すれば、世界一に近づくのではないか。

(文=河嶋 宗一