組み合わせ
第1地区予選のトーナメント表
第2〜3地区予選のトーナメント表
第4〜5地区予選のトーナメント表
第6〜8地区予選のトーナメント表

 4月8日から春季千葉県大会一次予選が始まる。昨秋県大会でベスト8入りした高校は予選免除となり、残り40校の県大会出場枠を争う。各ブロックでハイレベルなカードが組まれ、地区予選の見どころと注目選手を紹介する。

【第1ブロック】


 千葉経大附検見川千葉工の勝者と対戦する。千葉経大附のエース・渥美 亮太投手(2年)の伸びがある130キロ中盤の速球は球質がよく、素質の高さを感じる。ただ、昨秋の県大会では不調に終わっただけに巻き返しに期待したい。他では下級生の時から主軸打者として活躍している大型外野手・磯ヶ谷 俐雄(2年)にも注目だ。

 千葉経大附は主力選手の多くが前チームから経験しているだけに、今年にかける思いは強いだろう。

 このブロックで注目されるのは敬愛学園vs千葉明徳のカードだ。敬愛学園は昨秋の一次予選では、まだ攻守ともに未完成な感じが強かったが、主軸にはポテンシャルの高い選手が揃っており、一冬越えて磨きがかかっているかに注目される。

 千葉明徳は前チームの主力選手と比較すると、大きく戦力が変わり、昨秋の県大会ではコールド負け。このオフはマリナーズ会長付特別補佐兼インストラクターのイチロー氏(愛工大名電出身)から指導を受けたが、どうチームが変わったか楽しみだ。

 幕張総合は近年、研究熱心な柳田監督の後をついていくように、選手たちも意識高く取り組み、実力をつけてきた。好打者・森 夏音外野手(2年)などミート力が高い打者が揃う。投手陣がどこまで整備できているか。

【第2ブロック】


 東京学館船橋は、県大会で2本塁打を放ったパワーヒッター・ゲアハート 大雅外野手(2年)に要注目。代表決定戦から登場する東京学館船橋は、連合チームと東邦大東邦の勝者と対戦する。

 県立船橋には恵まれた体格を持ち、130キロ前後の速球を投げ込む右腕・三上 光投手(1年)がいる。ポテンシャルは高く、一冬越えてどんな成長を見せているか楽しみだ。また多彩な変化球を投げ込む技巧派左腕・矢花 淳平投手(2年)も球速アップを課題に取り組んでいた。守備練習でストップウォッチを使い、打球処理、中継プレーのタイムを測って精度を高めたり、低反発バットを使っての打撃練習と、質の高い練習を多く積んでいた。その成果を春の大会で発揮できるか。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。