コロナに東京五輪 先のみえない1年


 東京の高校野球にとって2021年は、例年にも増して先の見通せない年になる。最大の要因は言うまでもなく、コロナである。ワクチンのニュースなども報じられているが、2021年もコロナと向かい合わざるを得ないのは間違いない。

 予断を許さない状況ではあるが、春と夏の甲子園大会が2年続けて中止になることはないはずだ(と信じたい)。東京も春、夏、秋の公式戦は、開催されるものと思う。

 ただ観客は球場の収容人数の何%まで認めるかは、コロナの状況次第となる。また、声を出しての応援やブラスバンドとなると、さらにハードルが高くなる。ただ高校の部活動は、実質2年数カ月。それを考えると、少しでも高校野球の日常の姿を取り戻してほしいものだ。

 コロナと関連するが、東京五輪も夏の東西東京大会と時期が重なるだけに、影響が大きい。今のところ、国も都もIOC(国際オリンピック委員会)も開催の意思を明らかにしているが、世論はかなり懐疑的だ。

 それでも東京の高校球界としては、開催されることを前提に動くしかない。開催されれば、神宮球場はほとんど使えないし、五輪の野球・ソフトボールの練習会場になっている大田スタジアムの使用も制限される。そうなると、東東京大会はかなりの試合を西東京大会の球場で行う必要があり、移動距離は増える。

 そして、準決勝と決勝戦は東京ドームで行われる。慣れない球場での試合は、何が起こるか分からない。その点も含め、東西ともまずはベスト4に残ることが重要である。そのため春季都大会で勝ち上がり、より上位のシードを確保することは、大きな意味を持って来る。