第1013回 【西東京大会展望】早実vs八王子など1回戦から好カード続出!激戦区・西東京を制するのはどこだ?2020年07月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]早実・八王子など1回戦から好カード
[2]日大二・桜美林、監督同士の宿命の対決/注目の東西優勝校対抗戦

日大二・桜美林、監督同士の宿命の対決



杉崎成と森畑侑大

 日大三のブロックには、秋季都大会で国士舘を苦しめた都立富士森や昨夏8強の都立豊多摩などがいるが、準々決勝までは問題ないだろう。

 折笠 利矩が投打で引っ張る秋8強の日大二は、順当なら3回戦で桜美林と対戦する。この両校は秋の2回戦で対戦し、日大二が6対1で快勝している。

 桜美林の片桐幸宏監督と日大二の田中吉樹監督は、高校3年生の夏、西東京大会の決勝戦で対戦し、この時は片桐主将率いる桜美林がサヨナラ勝ちし、甲子園で全国制覇を果たしている。

 この試合の勝者は、準々決勝で東海大菅生と対戦することが有力だ。東海大菅生は今年も投手陣が充実し、東京ナンバーワンのスラッガー・杉崎 成を中心に攻守に高いレベルで整っている。ただ日大二が勝ち上がった場合、両校の対戦は接戦になることが多い。

 なお、東海大菅生のブロックでは、都立東大和都立昭和という、都立の強豪校が1回戦で対戦する。またこの試合の勝者と2回戦での対戦が予想される明学東村山は、打線が強力だ。

 秋は森田賢太郎投手の好投と、バントなど小技を織り交ぜた攻撃で東亜学園などを破りベスト16に進出しシード校になった日本学園のブロックは、絶対的な強者がおらず混戦模様。

 秋に桜美林とタイブレークになる接戦を繰り広げた都立練馬日本学園と同じ世田谷区の強豪・世田谷学園、都立の強豪・都立総合工科、力のある球を投げる大塚優璃のいる啓明学園などが、8強を狙う。

 東京屈指の好投手・森畑 侑大を擁し、攻守とも充実している創価は、比較的恵まれたブロックに入った。
 それでも都立の強豪・都立片倉と、近年力をつけている聖パウロ学園の対戦は好カード。工学院大附や伝統校の明大明治が8強を巡る争いにどう絡んでくるか。

 優勝候補の創価東海大菅生日大三は比較的組み合わせに恵まれた感じだが、国士舘は4回戦が大きなポイントになる。
 もっとも、チームの情報は秋季大会に依存せざるを得ず、チーム力もメンバー構成も大きく変わっている可能性がある。しかもどのチームも練習が不足しているのは致し方ない。それだけに、戦いながら強くなっていくチームが思わぬ旋風を巻き起こす可能性が例年にも増してある。

注目の東西優勝校対抗戦



昨秋東京を制した国士舘

 東西東京大会の優勝校は、対抗戦を行うことになっている。夏の大会では、初の試みだ。もっとも甲子園大会では1977年第59回大会の早稲田実業(東東京)4対1桜美林、95年第77回大会の帝京8対3創価、2010年の第92回大会の関東一10対6早稲田実業(西東京)の3回あり、早稲田実が東西両方の代表で経験しているが、いずれも東東京が勝っている。

 また東京が東西2代表のなったのは、1974年の第56回大会からなので、夏の東京ナンバーワン決定戦は、73年の第55回大会以来となる。この年は木製バット時代、最後の夏であったので、金属バットを使用するようになってからは初となる。

 夏の大会では東東京勢が優位であるものの、最近の秋、春の都大会は7大会連続で西東京の学校が優勝している。

 東西東京大会の優勝校が対戦する今回は、どういう結果になるか。歴史的な対戦を注目したい。

 この夏、甲子園大会は中止になった。甲子園に代わるものはないかもしれない。それでも、苦難のこの年の球児たちの戦いは、きっと語り継がれる。対戦相手は決まった。感染者が増えている不安定な状況ではあるものの、誇りを持って戦ってほしい。

(文=大島 裕史)

関連記事
◆他の大会展望総括・コラムを読む
2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!
2020年夏の注目投手の球速ランキング!独自でピックアップした選手を徹底解説!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜隼人vs加藤学園vs国士舘【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
都立片倉vs都立杉並【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
東海大菅生vs日大三【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs関東一【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大三vs二松学舎大附【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1021回 【秋季東京大会準決勝展望】関東一vs東海大菅生の横綱対決と日大三と二松学舎の好左腕対決は激アツ!【大会展望・総括コラム】
第1257回 ロマンしかない190センチの大型左腕・羽田慎之介(八王子)。才能を伸ばした指導方針 【2020年インタビュー】
第1047回 東亜学園(東京)が毎年好投手擁する堅守のチームに仕上げられるワケ【後編】【野球部訪問】
第1047回 東亜学園(東京)どのようにして高い打力を身につけていくのか【前編】【野球部訪問】
第1017回 関東一、帝京、早稲田実は激戦必至のブロックに!秋季東京都大会の見所を徹底展望!【大会展望・総括コラム】
第1045回 10年間で5度も決勝で涙。佼成学園が進める、経験を活かした壁を突き破るためのチーム作り【野球部訪問】
第1227回 創価の146キロ右腕・森畑侑大は「6番手投手」からいかにして都内屈指の本格派に成長したか 【2020年インタビュー】
第1216回 生命線は低めの出し入れ。国士舘へのリベンジに燃える森田光音凪(都立富士森) 【2020年インタビュー】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第1110回 中学時代は日本代表のスターに隠れていた折笠利矩(日大二)が都内屈指の二刀流になるまで 【2020年インタビュー】
試合で役立つメンタルマネジメント
桜美林 【高校別データ】
錦城 【高校別データ】
啓明学園 【高校別データ】
工学院大附 【高校別データ】
佼成学園 【高校別データ】
國學院久我山 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
都立片倉 【高校別データ】
昭和一学園 【高校別データ】
聖パウロ学園 【高校別データ】
世田谷学園 【高校別データ】
創価 【高校別データ】
都立昭和 【高校別データ】
都立杉並工(派遣:都立総合工科) 【高校別データ】
都立総合工科 【高校別データ】
帝京八王子 【高校別データ】
東亜学園 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
都立豊多摩 【高校別データ】
都立練馬 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
日大二 【高校別データ】
日本学園 【高校別データ】
都立八王子北 【高校別データ】
都立東大和 【高校別データ】
都立富士森 【高校別データ】
八王子 【高校別データ】
八王子実践 【高校別データ】
都立武蔵野北 【高校別データ】
明学東村山 【高校別データ】
明大明治 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム