6月22日、第101回岡山大会(7月13日開幕)の組み合わせが決まった。

岡山大会 組み合わせ

 注目は秋は県大会準優勝、そして春は優勝を成し遂げ中国地区大会でも優勝した関西。6月に行われた大阪桐蔭との招待試合では打ち合いの末、7対8で敗れたものの大きな経験を得た。その経験を活かし、5年ぶりの甲子園出場となるのか注目が集まる。

 そして1回戦で最注目カードとなったのが2015年の夏の甲子園出場校・岡山学芸館と2017年の夏の甲子園出場校・おかやま山陽の一戦。春にも一度対戦している両校は、4対3の接戦でおかやま山陽が勝利している。今度はどちらに軍配が上がるのが、注目したい。

 U-18一次候補にも選ばれた西 純矢擁する創志学園は、開幕日の7月13日から登場。ノーシードからのスタートとなっており、初戦は岡山南と試合となった。

 簡単に組み合わせを確認したが、今回は注目校の初戦や、併せて過去のデータを紹介していきたい。

夏に力を見せる創志学園の牙城を崩せるか?


 7月13日から開幕する第101回岡山大会の組み合わせ抽選会が22日に行われた。そこで今回は秋のベスト8、春のベスト8を振り返ろう。

【秋】
優勝 倉敷商 準優勝 関西
ベスト4 創志学園岡山理大附
ベスト8 明誠学院岡山学芸館玉野光南玉島商

【春】
優勝 関西 準優勝 倉敷商
ベスト4 玉野光南倉敷工
ベスト8 おかやま山陽明誠学院創志学園玉島商

 次に過去5年の福岡大会の優勝校、準優勝校を振り返っていこう。

2018年 優勝 創志学園 準優勝 岡山学芸館
2017年 優勝 おかやま山陽 準優勝 創志学園
2016年 優勝 創志学園 準優勝 玉野光南
2015年 優勝 岡山学芸館 準優勝 創志学園
2014年 優勝 関西 準優勝 岡山理大附

 過去の5年間で創志学園が2度優勝、2度準優勝と4年連続決勝進出と圧倒的な力を誇る。今年も高校BIG5の一角を担うエース西 純矢を中心に優勝候補筆頭に上がる実力を持つ。創志学園に対抗できるのはどこか。

 まず名を上げたくなるのが、関西倉敷商だ。秋、春の優勝は創志学園を抑え、この2校で分け合っている。関西は2014年以来、倉敷商は2012年以来の夏の甲子園を目指し、力を伸ばしている。

 この3校を他の高校が引き落とすのか。それともこの3校で優勝を激しく奪い合うのか。他の高校がこの3校に割って入り、優勝争いがさらに激しさを増すことに期待したい。

文=編集部