第922回 盤石の選手が揃う興南を倒すのはどこだ?!対抗馬・北山のブロックは実力校が続々登場!【大会展望・前編】2019年06月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]難攻不落のレフティー・宮城大弥を要する興南が盤石のAブロック
[2]Bブロックは北山が頭一つリード!追いかけるのは嘉手納に中部商

 200回大会へ向けての第1歩目となる101回沖縄大会の抽選会が、11日に行われた。春の優勝の興南が第1シード。以下沖縄水産が第2シード。今年はこの2強の争いになると言われているが、様々なドラマが生じる最後の夏だけは蓋を閉じるまで分からない。
 では各ブロックごとに、その展望を見ていこう。

組み合わせ日程はこちら
第101回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会

難攻不落のレフティー・宮城大弥を要する興南が盤石のAブロック



U-15に続きU-18候補にも選ばれた宮城大弥(興南)

 U-15に続きU-18でも代表候補となった興南宮城 大弥。一年生の夏、決勝のマウンドを任され衝撃的なデビューとなった宮城も遂に最後の夏を迎える。140km後半のストレートは角度があり、打者は簡単には手が出ない。加えて内外角に決まる制球力と、テンポの良さ、走者を出してからギアが変わるマウンド度胸と捌き。牽制の巧さなどなど。穴も隙も無い最強レフティー。まさに難攻不落の城といった感じだ。

 その宮城。春の準決勝北山戦では26人から9個の三振。決勝の沖縄水産戦では37人から12個の三振を奪った。この2試合、計18イニングを投げて自責点は1。招待野球で来沖したセンバツベスト4の明石商打線も、宮城の前には沈黙した。

 打線では宮城とともに一年生から主戦として出ている根路銘 太希と、春の大会で20打数9安打の2年生・西里 颯が斬り込み役を担う。勝連 大稀、宮城、遠矢 大雅と続くクリーンアップも経験値が多く、最後の夏だからこそ、ここ一番という場面では頼りになるだろう。
 成長著しい2年生・比屋根 秀斗のパワフルな打撃にも注目だ。盗塁数も春の4強の中では興南が一番多く、機動力を含めた我喜屋監督のタクトに合わせてナインが自由自在に動けるのも強み。春は主に先発を任された左腕又吉 航瑶と、右腕西江 悠のピッチングもカギとなる。

 その打倒興南として注目されるのが次の3校か。秋ベスト8の具志川商宜野湾、春北山と接戦した糸満だ。春、嘉手納打線をゼロ封した好投手左腕・宮城凌我率いる宮古工も面白い存在。その宮古工とあたる浦添商も、春敗れた興南にもう一度当たるチャンスをもらえたと考えればナインの士気も上がる。宮古工の宮城を仮想興南の又吉、仮想興南の宮城として攻略出来れば面白い。

【次のページ】 Bブロックは北山が頭一つリード!追いかけるのは嘉手納に中部商

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第1005回 今年もたたき上げの精神で全国制覇を目指す明石商(兵庫)!直向きさが武器【野球部訪問】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
知念vs沖縄工【沖縄県 2019年 第44回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
日大三vs安田学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
遠矢 大雅(興南) 【選手名鑑】
西江 悠(興南) 【選手名鑑】
西里 颯(興南) 【選手名鑑】
根路銘 太希(興南) 【選手名鑑】
比屋根 秀斗(興南) 【選手名鑑】
又吉 航瑶(興南) 【選手名鑑】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
浦添商 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
嘉手納 【高校別データ】
宜野湾 【高校別データ】
具志川商 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
首里東 【高校別データ】
知念 【高校別データ】
中部商 【高校別データ】
那覇 【高校別データ】
那覇工 【高校別データ】
那覇工・陽明 【高校別データ】
那覇商 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
普天間 【高校別データ】
北山 【高校別データ】
美里工 【高校別データ】
宮古工 【高校別データ】
宮古工 【高校別データ】
未来沖縄 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム