第905回 上田西、松本第一、東海大諏訪が同ブロックで潰し合う!熾烈極めた春季長野県大会を総括!2019年05月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]潰し合いとなった上田西のブロック
[2]Aシードに佐久長聖などが入る

Aシードに佐久長聖などが入る



2年生左腕・土屋呉巴(小諸商)

 以上4校と、残りのベスト8に入った松本深志長野日大松本第一佐久長聖が夏の大会のAシードとなった。松本深志は攻守の要・志茂日出斗捕手を中心に8季連続で県大会出場を果たした。しかし準々決勝で東海大諏訪の厚い壁にはね返された。長野日大は力強さが増したエース金井聖士郎の好投で1回戦で難敵・小諸商に11対4と快勝したが、準々決勝で東京都市大塩尻に競り負けた。

 昨秋の県準優勝校、松本第一は準々決勝で上田西に1対8と完敗し、秋の県決勝の雪辱は果たせなかった。夏2連覇を狙う佐久長聖は準々決勝でミスも重なり長野商に8対9で逆転負け。昨夏の甲子園でも登板したエース北畑 玲央がつかまるなど夏へ不安を残した。

 このほか1回戦で敗れた岩村田須坂篠ノ井赤穂伊那弥生ケ丘木曽青峰小諸商飯田の8校が夏のBシードに回る。この中で木曽青峰は初めて春の県大会出場の快挙を達成。赤穂伊那弥生ケ丘は4季連続の県大会で、総合力の高さを示した。8季連続の小諸商は不本意な初戦敗退となったが、2年生左腕土屋呉巴の成長もあり、夏の巻き返しが予想される。

 県大会出場の16校中、公立は10校、私立は6校で、私立すべてが1回戦を突破。ベスト4には私立3校と公立で唯一、長野商が残った。またベスト4に入った4校はすべて4つの地区予選1位校で、昨秋の県大会と同様、順当な勝ち上がりとなった。

 この夏には東海大諏訪上田西東京都市大塩尻がほぼ同等の力でトップ集団をつくり、複数校がそれを追う展開が予想される。

文=小池 剛

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第3回 台風19号被害を受けて。僕たちは「負けない気持ち」に気付いた 【岩村田高野球部の球児の声】【長野の高校野球】
第253回 牧 秀悟 (中央大3年・内野手)「侍ジャパン大学代表」の重圧は プロ入り果たすための準備期間【ドラフト特集コラム】
星稜vs佐久長聖【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
上田西vs津幡【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
伊那弥生ケ丘vs東海大諏訪【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
飯山vs上田西【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
伊那弥生ケ丘vs小諸商【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
阿部 巧雅(上田西) 【選手名鑑】
北畑 玲央(佐久長聖) 【選手名鑑】
横田夏己(東海大諏訪) 【選手名鑑】
赤穂 【高校別データ】
赤穂 【高校別データ】
飯田 【高校別データ】
飯田 【高校別データ】
伊那弥生ケ丘 【高校別データ】
岩村田 【高校別データ】
上田西 【高校別データ】
木曽青峰 【高校別データ】
小諸商 【高校別データ】
佐久長聖 【高校別データ】
篠ノ井 【高校別データ】
東海大諏訪 【高校別データ】
東京都市大塩尻 【高校別データ】
長野日大 【高校別データ】
松本第一 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム