第875回 高校野球に踏み出したゴールデンルーキーたち!即戦力候補を徹底分析!2019年04月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]粗さがなく完成度の高い選手が揃う投手陣
[2]今年も大阪桐蔭には注目球児が多く進学

 新年度を迎え、高校野球は春季大会が盛り上がりを見せるとともに、新入生が入部してくる季節となった。今年も、中学時代に実績を残した選手が、続々と高校野球の舞台に足を踏み出した。
 そこで今回は、新たに高校野球の舞台へ踏み出した選手の中で、即戦力として活躍が期待される選手をピックアップして紹介していく。今年の夏に、早くもブレイクが期待される選手は誰なのか。投手と野手を分けて見ていこう。

粗さがなく完成度の高い選手が揃う投手陣



高知高に進学した森木大智

 とにもかくにもまず挙げるべきは、高知中から高知高に進学した森木 大智だろう。高校野球ドットコムでも、何度も取り上げてきた150キロ右腕は、即戦力として最も期待される右腕だ。
 高知高の練習には、すでに昨秋から参加をしており、紅白戦では141キロを記録するなど、硬式球への対応も大きな問題はないだろう。その自慢の快速球が、高校野球の舞台で輝きを放つ日が楽しみで仕方がない。

 またその森木と、全国中学軟式野球大会で激闘を演じた笹倉 世凪伊藤 樹も注目の投手だ。秀光中等教育から仙台育英に進学した二人も、完成度の高さが群を抜いた投手であり、硬式球への対応も大きな問題はないであろう。
 秀光中等教育時代と同様に、Wエースとしての活躍に大きな期待が懸かる。

 硬式野球出身者に目を移すと、まず名前を挙げたいのは東京城南ボーイズから横浜に進学したサウスポー・金井 慎之介だ。最速は136キロと、球速だけを見ればもっと速い投手は他にもいるが、金井の良さは流れるような美しいフォームだ。これほどクセがなく、体を綺麗に使える投手はなかなかいない。
 横浜は、昔から伸び盛りの1年生をすぐに試合に抜擢する風土がある。金井の鮮烈なデビューも、期待して損はないだろう。

 また、金井と同じくU-15日本代表にも選出された、秋山恭平にも触れておきたい。切れ味の鋭いスライダーと、打者に消えると錯覚させてしまうようなチェンジアップは、高校野球でも大きな武器になるだろう。また制球力も良く、牽制やフィールディング、マウンドさばきなど、投げる以外の投手の資質も問答無用に良い。1年夏から投手陣の一角を担う活躍を見せても、何ら不思議ではない。
 田口 麗斗(巨人)に堀 瑞輝(日本ハム)と、左の好投手を輩出している広島新庄で、どんな成長を見せるか楽しみだ。

【次のページ】 今年も大阪桐蔭には注目球児が多く進学

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第949回 第101回全国高等学校野球選手権高知大会総括  森木 大智が蒔いた「熱闘」の種【大会展望・総括コラム】
第21回 今年の甲子園に出場する1,2年は怪腕、スラッガーが続々登場!【101回大会特集】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第13回 背番号「1」背負う森木大智擁する高知(高知) 20名の戦士たち【101回大会特集】
第12回 宮城大会3連覇を目指す仙台育英(宮城)のメンバーを紹介!【101回大会特集】
第957回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第956回 刺激を受けて、子供たちに刺激を与える選手に 森木大智(高知)【後編】 【2019年インタビュー】
第953回 課題を見つけて、成長するスーパールーキー・森木大智(高知)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第923回 「野球が上手くなるための才能」を備えたU-15日本代表 小畠一心(オール住之江ヤング)【前編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
池田 陵真(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
伊藤 樹(仙台育英) 【選手名鑑】
小畠 一心(智辯学園) 【選手名鑑】
金井 慎之介(横浜) 【選手名鑑】
笹倉 世凪(仙台育英) 【選手名鑑】
森木 大智(高知) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム