目次

[1]大分高野連主導で県内の底上げに尽力
[2]140キロ越えの好投手が多い今年の大分県

 選抜甲子園と同じく3月23日から開幕する第144回九州地区高等学校野球大会 大分県予選。2月下旬、大分県の指導者と話を聞く機会があったが、「今年の大分の九州予選は明豊大分が出なくても激戦」と語る。今年の勢力図を紹介していきたい。

大分高野連主導で県内の底上げに尽力


 大分勢2校が選抜出場。これは久々の快挙で、大分高野連としては嬉しいニュースである。近年、なかなか全国や九州大会で勝ち進めなかった大分県。その現状を打破しようと始まったのが2017年からの県外遠征だ。

 秋の九州予選の1位~4位に入ったチームが関東・近畿の強豪校と強化試合を組み、2017年、明豊が選手権ベスト8、2018年は明豊が二期連続大会で九州準優勝と着実に結果を残している。大分高野連の理事で、大分舞鶴の花田修監督は「強化策が実を結んでいるかなと思います」と振り返った。

 また、県外強化試合以外の施策では平成30年度大分県高等学校野球部トレーニングマッチ、 平成30年度大分県高校野球指導者研修会を実施。

 また高野連主導のイベントだけではなく、花田監督自身、同世代の指導者と交流しあいながら、勉強会を実施するなど、外部からどんどん吸収する姿勢が大分のレベルアップにつなげている。そういう土地柄もあって、今年は私立・公立問わず実力校が揃っているのが魅力だ。ここから大会の展望に入っていきたい。