第806回 枢軸4人組を中心に見事チームを成長させ続けた沖縄水産が14年振りの優勝! 2018年11月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]難攻不落の沖水左右両輪
[2]揺るがない力の興南四天王
[3]それぞれのカラーを出し切った嘉手納と沖縄尚学

 第68回沖縄県高校野球秋季大会は、古豪沖縄水産が14年振りの優勝を遂げ幕を閉じた。夏の全国高校野球選手権大会に多くのメンバーが名を連ね、前評判の高かった興南が準優勝。そんな秋の沖縄をもう一度振り返ってみる。

難攻不落の沖水左右両輪


上原一帆(沖縄水産)

 昨年秋のベスト4へと導いた上原 一帆を中心に枢軸組である上原 大那川端 琉一朗平安 常人が成長の跡を見せつつそれぞれの役割をこなしていった沖縄水産。中でも大きかったのが上原 一帆國吉 吹の絶対的左右両輪の存在だ。
 26イニングを投げて防御率0.35。ゾーンに入ったら誰も打てないと思わせる凄味のあるピッチングを見せる左腕上原 一帆。その一方で、悪癖とも言える四球を出しては、カウントを取りに来た球を捉えられ崩れるという不安も併せ持っていた。この大会もその場面が幾度か見られたが、これまでと比べ我慢し投げるサウスポーの姿があった。興南を倒した大きな要因の一つだ。

 準決勝で沖縄尚学を相手にノーヒットノーランをやってのけた右のエース國吉 吹。78人の打者と対し、被打率は圧巻の0.05。感情派の上原 一帆と違い、ピンチを抑えてもそれまでと同じように笑みを浮かべて淡々と投げる姿が印象的だった。
 その左右両輪で決勝までの6試合で、ともに失点1ずつ。難攻不落のWエースの活躍が光った秋の大会でもあった。

 二人のエースをけん引し正捕手となった金良 涼介を始め、堅い守りでホットコーナーを務める瀬長 宙に長打力を磨いてきた真栄城 徳二郎三木 健正ら4人は、昨秋の準決勝メンバーには名を連ねていなかったものの、夏の大会や新人大会で力をつけてきた。
 その活躍は枢軸組に勝るとも劣らないものだった。昨秋、僅か2安打で完封された興南宮城 大弥に対し、1年後の対戦となった決勝戦では、6回途中まで8安打を浴びせ5得点でKO。2015年からの4年間で3度、夏の甲子園県代表興南の一強時代に待ったをかける野手陣の活躍。OBやファンが待ちに待った「強い沖水」の、見事な復活劇であった。

【次のページ】 揺るがない力の興南四天王

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第963回 2019年のU-18代表は史上最強の投手陣だ!過去5年間と比較すると?【大会展望・総括コラム】
第950回 佐々木、奥川、西らの世界クラスのU18投手陣「9名」を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第950回 佐々木朗希、奥川恭伸ら超注目投手など9名をピックアップ!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【投手編】【大会展望・総括コラム】
習志野vs沖縄尚学【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第953回 大会4日目は選抜準優勝の習志野が登場!すべて実力校対決の4日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第39回 沖縄尚学(沖繩)【5年ぶり8回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
美来工科vs具志川【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
読谷vs嘉手納【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
沖縄水産vs美里【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
石川 銀(嘉手納) 【選手名鑑】
上原 一帆(沖縄水産) 【選手名鑑】
上原 大那(沖縄水産) 【選手名鑑】
奥原 海斗(沖縄尚学) 【選手名鑑】
親泊 泰成(嘉手納) 【選手名鑑】
勝連 大稀(興南) 【選手名鑑】
川端 琉一朗(沖縄水産) 【選手名鑑】
金良 涼介(沖縄水産) 【選手名鑑】
國吉 吹(沖縄水産) 【選手名鑑】
島袋 洋奨(興南) 【選手名鑑】
瀬長 宙(沖縄水産) 【選手名鑑】
平 典士(嘉手納) 【選手名鑑】
遠矢 大雅(興南) 【選手名鑑】
根路銘 太希(興南) 【選手名鑑】
比嘉 大智(沖縄尚学) 【選手名鑑】
平安 常人(沖縄水産) 【選手名鑑】
真栄城 徳二郎(沖縄水産) 【選手名鑑】
町田 宗音(嘉手納) 【選手名鑑】
三木 健正(沖縄水産) 【選手名鑑】
水谷 留佳(沖縄尚学) 【選手名鑑】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
吉里 和己(沖縄尚学) 【選手名鑑】
浦添工 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
小禄 【高校別データ】
嘉手納 【高校別データ】
宜野湾 【高校別データ】
具志川 【高校別データ】
具志川商 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
首里 【高校別データ】
北谷 【高校別データ】
中部商 【高校別データ】
北山 【高校別データ】
前原 【高校別データ】
美来工科 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム