目次

[1]甲子園4強の日大三、夏苦戦の都立杉並と初戦で激突
[2]私立の強豪VS都立の強豪
[3]早稲田実、東海大菅生、国士舘も難敵と対戦

 

私立の強豪VS都立の強豪



夏の東東京大会で準優勝した都立小山台

 金足農の健闘は高校野球の枠を超えた関心を集め、東東京大会では都立小山台が準優勝するなどこの夏公立旋風が起きたが、都立の強豪の多くにとって、秋は厳しい対戦になった。
 2年前の秋季大会の4強で、西東京の都立の星である都立日野は、安定した戦いをする関東一といきなり対戦する。初戦として屈指の好カードだ。
 この夏ベスト16の都立昭和は、順当なら代表決定戦で、小松 涼馬澤石 淳平の二遊間コンビなど、1年生が充実する帝京と対戦する。

 安定した投球が光る高橋 涼を擁する都立高島は、この夏8強の創価と対戦する。
 逆に言えば、本大会に出れば優勝候補になる可能性のある関東一帝京創価は、1次予選から都立の強豪と気の抜けない戦いをすることになる。またこの夏西東京大会で8強の都立国分寺は、東東京大会の8強である安田学園と初戦で対戦する。

 この夏、二松学舎大附に善戦した都立王子総合は、同じく都立の強豪である都立府中工と対戦し、勝者は順当なら西東京大会準優勝の日大鶴ヶ丘と対戦するという激戦区に入った。

 都立城東日大二と同じブロックに入っており、熱戦が予想される。都立江戸川駿台学園が入ったブロックも注目される。都立豊多摩都立篠崎は師弟対決。都立篠崎の牛久保和哉監督は、都立日比谷に在学中、都立豊多摩の平岩了監督の指導を受けている。