目次

[1]【北信地区】
[2]【中信地区】

 秋季長野県大会の地区予選会は8月31日、一部地区から順次開幕していく。夏の大会で下級生を中心にした布陣で準優勝した上田西が一歩リードした感もある。しかし県内全般に好投手が少ないだけに、混戦が予想される。秋は地区上位6校が県大会へ、さらに県大会上位3校が北信越大会に進める。比較的各出場枠が広いだけに、勝ち上がっていくことで予想以上のスピードでチームが進化していくことも考えられる。 地区ごとに展望していく。

【北信地区】

 長野西飯山長野日大長野商が予備戦でシード権を取った。ここで中心となりそうなのが長野商。夏は初戦で上田西に敗れたものの、捕手や三遊間など主要なポジションでスタメンを張った2年生が数多く残った。夏は直前の故障でベンチを外れた2年生の竹元悠斗が復調しており、制球のいい安定した投球で試合を作れるのは心強い。

 隣のブロックに入った長野日大は、エース格の栗木将太ら1年生世代に注目が集まるが前チームからの正ショート宮本靖宝ら2年生が意地を見せている。有馬寿哉ら足のある選手も多く、バランスが取れている。

 飯山はほぼメンバーが一新したが、打撃好調でシード権を確保。夏の大会3回戦、連覇を狙う松商学園を相手に好投した大型左腕岡田 恵太はボールに力があり、投手陣の軸になりそう。長野商長野日大の反対の山に入ったシード長野西は総力戦で臨む。

 このほか、長野西に予備戦で敗れたが好投手大澤優人擁する長野俊英、さらに長野、長野工業といった力のあるチームが、シード校の下ヤマに入る厳しい組み合わせとなった。

 春、夏の大会ともベスト8に一校も残れなかった北信勢。ここで巻き返しを図りたい。

【東信地区】


佐久長聖 北畑玲央

 上田西野沢北小海小諸商がシード校。夏の甲子園帰りで予備戦に参加しなかった佐久長聖は、野沢北のブロックに入った。最近は佐久長聖上田西小諸商の3強時代ともいえる状態だったが、小諸商は主力の上級生が多く抜け、戦力ダウンは否めない。上田西佐久長聖が抜けた存在だが、順当なら両校は準決勝で当たる。つまり両校の地区1、2位通過はないため、県大会の組み合わせで他地区の上位通過チームにとってもその動向が気になる。

 上田西は1番右翼手、3番捕手、5番二塁手、7番遊撃手、8番三塁手の夏準優勝メンバーが残った。スラッガータイプはいないが、機動力が使え、守りの要所が固まっているのが大きい。ただ投手陣は、夏ベンチ入りの宮尾優豪と竹花晧平、阿部巧が中心になるが、絶対的なエースは不在。打線でカバーしながら、投手陣の成長を待つことになる。

 佐久長聖はスタメン総入れ替えの状態。ただ甲子園でも好投した2年生北畑 玲央、ボーイズ日本代表に選ばれた1年生左腕梅野峻介が投手の柱になる。捕手と内野手に夏のベンチ入りメンバーやこれまでの公式戦出場者らがいるため、ある程度計算できるディフェンス陣は組めそう。しかし前チームのような強力打線とはいかないだけに、この秋は守備から勝機を伺うことになる。

 シード野沢北は窪田岳と加々美航成の2年生左腕が引っ張り、小諸商は夏スタメンの野手2人を中心に複数の投手で臨むことになる。シード小海は、夏3年生が3人だったこともあり2年生エースはじめ多くの下級生が経験を積んだ。

 シードを逃したが、夏37年ぶりに16強入りした小諸も2年生が充実した学年で、地区初戦は、予備戦で2対3で敗れたシード野沢北と再び対戦することになる。