第708回 3度目の正直で優勝旗を掴んだ広島新庄!春季中国大会を振り返る2018年06月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]広島新庄の“悲願達成”
[2]大会アラカルト

広島新庄の“悲願達成”



春の中国大会を制した広島新庄

 2年連続の決勝進出となった広島新庄が、秋春通じて初の中国王座を掴んだ第130回春季中国地区野球大会。今回、活躍選手、印象に残った場面等を中心に、大会の振り返りを行いたい。

 優勝した広島新庄は、秋も含めると通算3回目の決勝進出(2013秋、2017春)。“三度目の正直”を叶える原動力となったのが、2人の右腕エースだ。

 170cmに満たない身長ながら、全身を目一杯使った躍動感溢れるピッチングで攻める竹辺 聖悟、しなやかなフォームから力強い直球を投じる桑田 孝志郎。両者ともに直球の最速は140km/hを越える本格派右腕で、今大会も力強い投球を見せてくれた。

 先発は、1回戦が竹邉、準決勝が桑田。下関国際との決勝の先発は竹邉ではないか…という予想が大半だったが、迫田守昭監督が先発のマウンドに送り込んだのは、桑田だった。前日8回1/3を投げた桑田だったが、疲労を感じさせない投球で6回途中まで2失点にまとめてみせた。そこから、マウンドを引き継いだ竹邉も気迫十分の投球を見せ、無失点。両投手が口を揃えて語った「先発、リリーフどちらでも行ける準備はできていた」の言葉に違わない快投で優勝を手繰り寄せた。

 昨秋に続く、2季連続の中国大会決勝進出となった下関国際。1回戦(八頭戦)は木村 大輝、準々決勝(宇部鴻城戦)は吉村 英也の両左腕が完投し、決勝の先発には満を持してエース・鶴田 克樹を送り込んだ。センバツ・創成館戦以来の公式戦先発登板となった鶴田は、最速142km/hを計測する等、持ち味の一端は見せたが、6回を投げ6失点。広島新庄打線の勢いを止めることは出来なかった。

 今大会活躍が際立っていたのが、川上 顕寛。坂原秀尚監督が「センバツ後も好調をキープ出来ている」と評価するように、決勝では同点適時打を含む、3安打をマークした。
 他にも1年生・関山 璃久斗の台頭や、左腕・吉村 英也が準決勝で2失点完投を挙げるなど、収穫も多くあった今大会。夏の山口大会連覇、3季連続甲子園出場に向けて、ここからラストスパートをかける。

 2季連続出場で4強入りを果たした倉敷商は、1回戦(早鞆戦)で先発した引地 秀一郎が、西京スタジアムに新設されたスピードガンで147km/hを計測。「大会No.1右腕」の評価を裏切らない剛球で観衆の熱視線を引き寄せた。

 春は2年連続となった宇部鴻城は、捕手で主将の打田 啓将が今大会から復帰。1回戦(石見智翠館戦)で、昨秋以来の公式戦出場を果たした。先発した2年生右腕・遠山雄大に積極的な声掛けを行う等、経験豊富な立ち回りを見せ、健在ぶりをアピール。2年連続、夏の山口大会決勝で涙を飲んでいるチームにとって不可欠な「ラストピース」として、夏の奮闘も期待したい。

 開催県優勝校として臨んだ宇部工は、下位打線を起点に剛腕・引地 秀一郎から先制点を奪ったが、最終的に3対11の7回コールド負けを喫した。山口大会での投球が評価され、背番号8からエースナンバーに昇格した久保田巽が、4回をパーフェクトに抑える等、力のあるところは攻守で見せただけに、夏に向けて巻き返しを図りたい。

 引地と並ぶ本格派右腕として注目を集めていた右腕エース・畑村 政輝を擁する早鞆は、初回の3失点が響き、無念の初戦敗退。しかしながら、畑村の威力ある直球だけでなく、打線も一時1点差に詰め寄る等、高い潜在能力は随所に覗かせた。

 石見智翠館八頭の山陰勢も初戦敗退となったが、石見智翠館は4番・水谷 瞬が島根大会準決勝、決勝に続く公式戦3試合連続となる本塁打をマーク。八頭も6番・杉川亮が3安打を記録する等、攻撃力の高さを披露し、夏に向けて期待を感じさせる戦いぶりを見せた。

【次のページ】 大会アラカルト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第778回 史上3校目の選抜連覇を達成!大阪桐蔭の1年間の軌跡「手探りの秋、逞しさが出た選抜」【前編】【大会展望・総括コラム】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集】
第795回 覚悟の強さこそが最大の武器!靏仁(石見智翠館)のプロへの想い!【後編】 【2018年インタビュー】
第794回 投手一本で飛び込んだ高校野球  靏仁がエースになるまで【前編】 【2018年インタビュー】
第793回 高校野球3年間で身につけた自信を胸にプロへ挑む水谷瞬(石見智翠館)【後編】 【2018年インタビュー】
第792回 「軽く振って飛ばす」ことで自信が芽生えた中国地方注目スラッガー・水谷瞬(石見智翠館)【前編】 【2018年インタビュー】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
大阪桐蔭vs下関国際【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第779回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「木製バット問題はどう解消するべきか?」【大会展望・総括コラム】
日大三vs下関国際【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
下関国際vs木更津総合【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第735回 中国のスピードキング・引地秀一郎(倉敷商)狙うは全国制覇と全国ナンバーワンピッチャー 【2018年インタビュー】
石見智翠館 【高校別データ】
宇部工 【高校別データ】
宇部鴻城 【高校別データ】
倉敷商 【高校別データ】
下関国際 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
広島新庄 【高校別データ】
早鞆 【高校別データ】
八頭 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム