目次

[1]Aブロック 〜頭一つリードする沖縄尚学〜
[2]Bブロック〜 好カード多数の沖縄水産ブロック 〜

 65回目を数える沖縄県高校野球春季大会が来る21日に開幕する。第1シードの沖縄尚学、第2シードの興南の二強と第3シード沖縄水産、第4シード石川の古豪が絡む春の展望を、前編の今回はは沖縄尚学のAブロックと沖縄水産のBブロックを中心に見て行きたいと思う

Aブロック 〜頭一つリードする沖縄尚学〜


 浦添は秋の大会で宜野湾と1点差の接戦を演じた。エース東 凌矢の右腕に期待がかかる。力の差がある辺土名は正直苦しい。自分たちの浦高野球を貫き、それを再確認し準備を万端にして横綱沖縄尚学へ挑みたい。

 プロ注目の大型右腕、中濱 太洋率いる中部商は現メンバーの殆どが一年生からの主力とあって、集大成のこの年に懸ける思いは強い。順当に勝ち上がり、今度こそ打倒私学を果たし一気に頂点を目指す。対する真和志には上原 航がいる。秋の美来工科戦、一度はマウンドを降りたものの再び上がり、7回と2/3を投げて2失点と結果を残したエースの成長度に期待したい。

 秋16強の那覇と、その秋に糸満と互角の勝負をした宮古総合実は蓋を開けてみないと分からない。那覇の外間 敦喜、宮古総合実の仲宗根 純平の出来、不出来が明暗を分けそうだ。

 那覇商は秋の沖縄尚学との戦い(延長12回まで2対2)で自信をつけた。毎年のように冬を越えた成長度を見せる小禄との戦いを、納得の行く形で制すれば自然と上位が見えてくる。小禄は12安打を放ちながら敗れた秋の悔しさを、この春にぶつけたい。

 それらライバルを向こうに回すシード沖縄尚学。エースでクリーンアップを務める大黒柱の知念 大成は、現沖縄高校野球界ナンバーワンの逸材。秋5試合の防御率が0.71。被打率0.187、制球力と三振を取れる力を図れるK/BBの数値は4.83とどれをとっても素晴らしい成績を残した。この春も勝ち上がり、もう一度九州大会に参加して創成館へのリベンジを。そして最後の夏へ繋げる大会にしたい。