第556回 空前の盛り上がりの中で終わった「清宮の夏」【西東京大会総括】2017年08月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]空前の盛り上がりの中で終わった「清宮の夏」
[2]2本柱故障の中、力尽きた八王子

清宮幸太郎(早稲田実業)

 前売り券は完売し、ネット上では高値で売り出された。当日券も試合開始2時間前に売り切れとなり、神宮球場周辺にはチケットを買えなかった人が多くいた。早稲田実業の怪物・清宮 幸太郎が登場し、全国的に注目された西東京大会決勝は、今後も語り継がれるだろう。球場はさながら「清宮祭り」の様相を呈していた。

 しかし夏の大会はお祭りムードであっても、負ければ終わりの冷酷な勝負の世界である。清宮絡みのエラーが失点につながり、早稲田実業は敗れた。それでも高校入学前から注目され、高校野球を盛り上げた清宮の功績は大きい。清宮ブームに便乗したにわか高校野球ファンの中から、どれだけの人が本物の高校野球ファンとなるかは、高校野球ファン層の拡大には重要だ。

 また、雪山 幹太野村 大樹のバッテリーなど、残った1、2年生が秋以降、どのような結果を残すかも注目される。

東海大菅生優勝の原動力になった2年生野手の成長

 早稲田実業日大三の2強対決が注目された西東京大会は、東海大菅生の優勝で終わった。春季都大会4回戦で、東海大菅生日大三に敗れたものの、3回以降は得点を許さなかった試合をみて、夏、2強を破るとすれば東海大菅生だという見方は広まっていた。

 秋季大会は背番号1で若林 弘泰監督が「本来ならドラフト候補になれる」と語っていた松本 健吾は、内角を突ける制球力と、勝負度胸を身につけて、優勝の立役者になった。これまで守備の人の印象のあった田中 幹也が、打率5割の5盗塁の活躍。田中と同じ2年生の片山 昂星が4番に定着したのも大きかった。

 早稲田実業日大三も甲子園に行けば優勝候補だっただけに、この両校を破ったことは自信になる。複数の投手を擁しながら、西東京大会では松本に頼りがちだった他の投手がどこまで奮起するかが、上位進出のカギになる。

【次のページ】 2本柱故障の中、力尽きた八王子

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
第984回 【都大会決勝戦展望】10年ぶりの優勝を狙う帝京か2連覇を狙う国士舘の一戦の勝負のポイントを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
国士舘vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
帝京vs創価【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs都立城東【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第983回 【都大会準決勝展望】帝京vs創価は激戦必至!都立城東は昨秋優勝の国士舘にどんな戦いを見せるのか?【大会展望・総括コラム】
第242回 神宮第二のラストデーで躍動した逸材たち 夏まで見逃せない日大三の2枚看板 児玉 悠紀・柳舘憲吾【ドラフト特集コラム】
第242回 神宮第二のラストデーで躍動した逸材たち 対戦した学校から「今年の創価はエグい!」と呼ばれる理由とは【ドラフト特集コラム】
創価vs日大二【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第1023回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)目指すは絶対優勝とプロ入り 【2019年インタビュー】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第949回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
片山 昂星(東海大菅生) 【選手名鑑】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
黒田 将希(八王子) 【選手名鑑】
早乙女 大輝(八王子) 【選手名鑑】
櫻井 周斗(日大三) 【選手名鑑】
高橋 優介(八王子) 【選手名鑑】
田中 幹也(東海大菅生) 【選手名鑑】
野村 大樹(早稲田実業) 【選手名鑑】
松本 健吾(東海大菅生) 【選手名鑑】
村田 将輝(八王子) 【選手名鑑】
山根 響(八王子) 【選手名鑑】
雪山 幹太(早稲田実業) 【選手名鑑】
米原 大地(八王子) 【選手名鑑】
桜美林 【高校別データ】
佼成学園 【高校別データ】
國學院久我山 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
創価 【高校別データ】
早大学院 【高校別データ】
都立総合工科 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
桐朋 【高校別データ】
都立練馬 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
日大二 【高校別データ】
日本学園 【高校別データ】
都立八王子北 【高校別データ】
八王子 【高校別データ】
都立松が谷 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
コメント (1)
ありんこ軍団結束と誇り2017.08.06 miki2431
確かにwエースとキャプテンのケガと、
創価との死闘もありましたが、
選手の結束と誇りで、ベスト4迄進んだのは
あっぱれ、八王子高校です。

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム