第484回 本日開幕!関東を盛り上げるミレニアム世代を先取り!【春季関東大会展望】2017年05月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 本日から関東大会が開幕する。今年は2年生のミレニアム世代で野手の逸材が集結する。今大会は清宮 幸太郎早稲田実業)が注目されるが、2年生野手の人材のレベルの高さが実に凄まじい。今年ほど2年生が主力となっているチームが多く出場する年はないといっていいだろう。そんな逸材たちを紹介していきたい。

日程付きのトーナメント表をチェック!



今年の関東大会に登場する2年生の逸材を紹介!

 まず注目が清宮の後を打つ4番・野村 大樹だろう。春の大会で5本塁打を打った野村。打球速度の速さ、変化球、直球問わず呼び込んで打ち返す打撃技術の高さは高校生トップクラス。勝負所でもしっかりと打てる勝負強さは魅力で、さらに強肩を生かした三塁守備やベースランニングが速い走塁にも注目だ。熊本で行われた招待試合では若干調子を落とし気味だったが、県大会ではしっかりと復調しているのか、注目をしていきたい。

 その早稲田実業の初戦と対戦する花咲徳栄にも2年生が4番を打っている。その名は野村佑希。県大会では3ホーマー。しかもすべて球場が広い県営大宮球場で打ち込んだもので、しかも14打点を記録した勝負強さも光る。内外角をさばける打撃技術の高さも折り紙付き。清宮の打棒に注目が集まるが、「野村対決」も注目が集まるだろう。

  そして1年生から騒がれてきた万波 中正横浜)も順調な成長を見せている。だいぶ体が絞れ、切れのあるプレーができるようになり、スピードが出てきた。課題だった守備も成長の跡が見え、自慢の打撃も県大会では不調だったが、鹿児島との招待試合では二打席連続弾を打つなど好調をキープ。関東大会初戦でも豪打を見せることができるか、注目が集まる。同じく横浜には走攻守すべてにおいてスキルが高い齊藤 大輝がいる。齊藤の野球センスの高さに惚れ惚れするファンも多くなることは間違いない。

 県大会優勝の東海大相模は2人の野手に注目だ。1人目が1番を打つ小松 勇輝。1年春から背番号6のポジションを獲得した小松はこの1年で走攻守で大きく成長。打っては広角に打ち分けるバットコントロールの高さ、そして一発も打てる長打力、守備では広範囲を誇り、そして走塁では普通の打者では単打で終わるような当たりを二塁に陥れる俊足と積極性。報徳学園小園 海斗に並ぶ遊撃手といっていいだろう。

 また3番を打つ森下 翔太は、1年夏からスタメン出場している強肩強打の外野手。森下は、桐光学園戦の準決勝で、センターへ飛んだ大飛球をダイビングキャッチ。しかし捕球が認められず、1点を許す形となった。この悔しさをばねに森下は場外本塁打。打撃フォームも大きな欠点がなく、レベルスイングで、広角に打ち分けることができる選手。根性が据わった選手で、まだまだ伸びしろを大きく感じさせる選手である。

 明秀学園日立増田 陸も注目だ。増田は、ともに関東大会に出場する野村 大樹、そして大阪桐蔭でクリーンナップを打つ中川 卓也など高校球界を代表する逸材と同じ大阪福島シニア出身。期待の大型遊撃手として楽しみな存在だ。

 都大会で5本塁打を打った日置 航日大三)も、一冬明けて大きく長打力を伸ばした強打の遊撃手。浦和学院では141キロのストレート、縦スライダーで勝負する佐野 涼弥、強打の外野手で、広角に鋭い打球を連発する蛭間 拓哉の2人も注目していきたい。

 選抜ベスト8の健大高崎は、2年生に逸材が多い。センバツで満塁弾2ホーマーを打った山下 航汰も注目のスラッガー。パワフルな打球を生み出す分厚い下半身、打撃技術の高さを注目してほしい。また選抜4試合で5打点と勝負強い打撃を見せた大越 弘太郎も走攻守でバランスが取れた二塁手。県大会ではクリーンナップを打っており、この大会でさらに名前を挙げていきそうだ。そして中学時代、野茂ジャパン入りして、アメリカでプレー。そして下位打線を打ちながら、勝負強い打撃と1.9秒台のスローイングを披露する大柿 廉太郎も注目だ。

 今年は2年生に逸材が多く集結している。彼らがもっと注目を浴びるのは来年以降になるが、先取りをしていきたい。

▼春季大会の情報はこちらから
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
明秀学園日立vs下妻二【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会】
早稲田実業vs聖パウロ学園【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
日大三vs都立杉並【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
東海大相模vs山北【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
健大高崎vs上田西【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第778回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「ルールへの対応」【大会展望・総括コラム】
第775回 横浜と東海大相模が同ブロック!この秋も好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第768回 経験者が残る日大三、二松学舎大附ともに秋は実力校と対戦!都大会出場を巡り各ブロックで好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第757回 何もかも大谷翔平。渡邉勇太朗(浦和学院)が持つ独特の感性 【2018年インタビュー】
第3回 「やっぱり漢字がいいね」の一声で変わった強豪校のユニフォームデザイン  【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第755回 2つの顔を持つ蛭間拓哉(浦和学院)4スタンス理論で打撃開花 【2018年インタビュー】
第746回 早実の3年間は社会で生きる力を身に付けてくれた 及川龍之介さん(早稲田実業出身)【後編】 【2018年インタビュー】
第745回 記録員として斎藤佑樹とともに甲子園優勝 及川龍之介さん(早稲田実業出身)が語る"過酷な下級生時代"【前編】 【2018年インタビュー】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
小松 勇輝(東海大相模) 【選手名鑑】
佐野 涼弥(浦和学院) 【選手名鑑】
野村 大樹(早稲田実業) 【選手名鑑】
野村 佑希(花咲徳栄) 【選手名鑑】
蛭間 拓哉(浦和学院) 【選手名鑑】
増田 陸(上尾) 【選手名鑑】
増田 陸(明秀学園日立) 【選手名鑑】
万波 中正(横浜) 【選手名鑑】
森下 翔太(東海大相模) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
大宮東 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
千葉敬愛 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
明秀学園日立 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム