印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第7回 動画で解説!安福一貴の走塁術 【後編】2015年01月08日

【目次】
[1]足は速くなる/ドリル「スティフレッグバウンス」
[2]ランニングのまとめ

動画で解説!安福一貴の走塁術 【前編】はこちら

 片岡 治大選手(当時西武)2011年インタビュー2012年インタビューを3年連続の盗塁王へと導くなど、過去に多くのプロ野球選手に走塁を指導してきた安福トレーナーによる『塁間マネジメント 動画で解説!【後編】』では、「足は速くなる」ための解説や、オススメのドリルを紹介します!ぜひ、チームで取り組んでみてはいかがでしょうか?

足は速くなる

今回は、『足は速くなる』を紹介していきます!

 打撃や投球に関しては、理論や資料なども多く、細かく形を求めているでしょうが、走塁に関しては、ただ走り込むだけで終わっていることが多いと思います。
体力向上を狙ったランニングトレーニングはあっても、根本的な走力アップをターゲットにしたランニングトレーニングは、積極的に行われていないのが現状ではないでしょうか。
ベースランニングだけでは、走力は向上しません。バッティングやピッチングと同様に、足を速くするには、足を速くする専用のトレーニングが必要になります。それが、ランニングドリルになります。
例えば腕の振り、足の動き、姿勢など、効率の良い疾走フォームは、速く走る為に、必要不可欠な要素になります。その中で、一つランニングドリルを紹介させてもらいます。

ドリル「スティフレッグバウンス」

続いて、『ドリル「スティフレッグバウンス」』を紹介!

 このランニングドリルは、足を前で捌く意識を高め、身体に覚えさせて行くドリルです。
足が後ろに流れることで速く走っているわけではなく、走る上での代償動作になります。なるべく、足が流れないよう、スピーディーにテンポ良く足が前へ出ていくよう、このランニングドリルを活用してください。40~50メートルを3~5セット行いましょう。

【10月特集】スピードを生かす技術

このページのトップへ

【次のページ】 ランニングのまとめ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第6回 動画で解説!安福一貴の走塁術 【前編】【安福一貴の「塁間マネジメント」】
第8回 日本一の三塁ベースコーチに聞く! 阪神・高代延博コーチが語る「優秀な三塁コーチャーになるための実践法!」【技術ノート 走塁編】
第7回 日本一の三塁ベースコーチに聞く! 阪神・高代延博コーチが語る「チームで高める走塁術」【技術ノート 走塁編】
第13回 JR東日本野球部(後編)「失敗は引きずらず、生かすようにする」【社会人野球から学ぼう】
第12回 JR東日本野球部(前編)「走塁は大きな力を発揮する“付属品”」【社会人野球から学ぼう】

コメントを投稿する

プロフィール

安福一貴(プロ野球選手専属トレーナー)
  • 生年月日:1976年04月20日
  •  25歳のときから独学で身体機能について学び、トレーニング指導士、整体師等の資格を取得。常識に捕らわれない柔軟な視点、発想によって生み出した創意工夫された理論、練習法で、これまで多くのプロ野球選手、プロゴルファー、Jリーガーのトレーナーを務める。特にプロ1年目を終えて生きる道を模索していた埼玉西武ライオンズの片岡易之選手には独自で考案した盗塁の手引き「塁間マネジメント」を説いて3年連続の盗塁王へと導く。
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

安福一貴の「塁間マネージメント」
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム