第86回 帝京高等学校(東京)2012年12月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 持久力と瞬発力、両方を持ち合わせた筋肉を作るということが理想
[2] 合宿所がないため、個々に任せる食事面にも気を配る
[3] 「実戦の勘」を重要視

 毎年、140キロを超えるスピードボールを投じるピッチャーを輩出し、なおかつパワー抜群の強力打線を作り上げる帝京高校。
 前田三夫監督のもと、選手はどんな練習、トレーニングに汗を流してスピードとパワーを身につけているのか。オフシーズンの取り組みから見えてきた強豪高校であり続けられる背景にあるものとは。

持久力と瞬発力、両方を持ち合わせた筋肉を作るということが理想

 一般的に冬場は体力強化に充てる期間とされるが、前田監督もその捉え方には相違はない。

▲タイヤを引きながらバック走

「生徒たちには『おまえたちの体ができるのを待っている。今の体では勝負にならない』と、この冬は体を大きくするように言っています。秋の大会後に体重を測ったんですが、年内中に3キロ増やすことをノルマにしています。やはりこの時期に体を作らないと駄目ですから。1人でも達成できなかったら正月も休みなしにすると言ってあります。当然、ただ太るんじゃなくて、筋肉量を増やすということですね。そこからパワーやスピードというものが出てくるんだと思います。筋肉は俗に言う、マグロの筋肉とヒラメの筋肉があります。持久力と瞬発力、両方を持ち合わせた筋肉を作るということが一番の理想ですね」

 この日の体力強化メニューは約20メートル四方の正方形の辺を、腰をかがめて片手で地面に触れながら周回したり、ジャンプをして着地後すぐに後ろ回りにでんぐり返しをするように体を丸めて回転し、背中がすべて着いたところからお腹の力を使って反転し、起き上がりながら再びジャンプするのを連続30回行うなど、特別な道具を使うことなく、体をいじめ抜くものだった。

石川亮(帝京)

「うちはオーソドックスで、特別なことはしていないと思います。重点を置いているのはウェイトトレーニング。あとは重いタイヤを引くトレーニングは昔から続けています。重さを測ったことはありませんが、乗用車の小さなタイヤではなく、トラック用の大きなタイヤですから重たいですよ。これは良いですね。足が太くなります。特に太ももとお尻。効果を感じています」(前田監督)

 これが実にハード。
 塁間。本塁、一塁、二塁など二つの塁間のベースランニングなどを通常のダッシュだけでなく、後向きでのダッシュも繰り返す。しかもタイム設定があり、クリアできなければスクワットなどのペナルティが容赦なく課せられる。石川 亮捕手を筆頭に、特に2年生の太ももは、みな丸太のように太いのは、このタイヤ引きによるところが大きいのだろう。
 1年生のうちはタイムをクリアできない生徒も少なくないというが、石川捕手を中心に学年の壁を乗り越え、「○○、頑張れ」「○○さん、頑張って」と声が飛ぶ。こうした辛いトレーニングをともに乗り越えることで団結力が深まっていくのだろう。

「タイヤ引きは毎日はやりません。強化メニューのサイクルとしては、タイヤ引き、インターバル走、タイヤ引き、休みというサイクルで今は行っています。インターバル走はライトポールとレフトポールを往復する距離をだいたい40秒で走ります。およそ250メートルくらいですかね。3つの組に分けてやるので、Aチームが出発して、20秒くらい経過したらBチームが出て、Aチームが帰って来たところでCチームがスタートする。Aチームの休憩はBチームが戻ってくるまでで、Bチームが着いたらスタートする。3つのチームがグルグル回っているわけです。これを7~10本続けてやります。休みは息を整える程度しかありませんから、心肺機能も鍛えられます。これも効きますよ」(前田監督)

このページのトップへ

【次のページ】 合宿所がないため、個々に任せる食事面にも気を配る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第11回 キューバの環境は東京代表の短期間での急激なレベルアップの一因に!【後編】【世界の高校野球】
第10回 キューバ野球は日本野球のレベルを高める材料がたくさん詰まっていた【前編】【世界の高校野球】
第830回 キューバで見つけた逸材たち【前編】 偉大な父の血筋を引き継いだ長身速球派右腕・ノルヘ・ベラ【大会展望・総括コラム】
第828回 キューバ遠征から見えた国際大会での戦い方【大会展望・総括コラム】
第827回 「チームが1つになった」と実感!キューバに1勝した東京代表の軌跡【大会展望・総括コラム】
第856回 打撃急成長の小松涼馬(帝京)は誰よりも肝が据わっている! 【2018年インタビュー】
富岡西vs帝京第五【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
第784回 長く野球に携われる選手に!研究熱心で高い向上心を持つ清水昇(国学院大)【後編】 【2018年インタビュー】
早稲田実業vs帝京【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第780回 戦国東都で最優秀防御率獲得!帝京高で学んだ高校時代 清水昇(国学院大)【前編】 【2018年インタビュー】
帝京vs創価【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
帝京vs都立雪谷【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
都立小山台vs帝京【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
第698回 帝京・田中悠我の逆襲の夏!帝京魂で再び全国の舞台へ! 【2018年インタビュー】
第636回 田中 悠我(帝京) 「次こそ夢の聖地へ!」 【2018年インタビュー】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
コメント (4)
帝京魂!2014.01.05 子沢山
帝京!息子いれます!*\(^o^)/*
帝京野球部2013.06.09 (((o(*゚▽゚*)o)))
帝京野球部応援してます!!
帝京高校(o^^o)2013.06.01 yu-w
今年こそ甲子園で見たい!頑張れ~!
勉強になります2013.02.09 甲子園
帝京と言う名門はやっぱり、ウエイトトレーニングが特別なものだと思っていましたが、シンプルでありながらも追い込みという点では器具を使った練習以上だと感じました。

コメントを投稿する

プロフィール

鷲崎文彦
鷲崎 文彦
  • 生年月日:1975年
  • 出身地:東京都
  • ■ 小学3年から野球を始め、高校では硬式、大学では準硬式で野球を続ける。大学卒業翌年にはOBが務めるのが慣習だったこともあり、準硬式野球部の監督を経験。以後、フリーライターとして週刊誌、月刊誌、ムック本などでスポーツを中心とした取材、執筆活動を展開。
  • ■ 理系出身であることを生かして「図解雑学 野球の科学」(ナツメ社)の製作に携わるなど、あらゆる角度からスポーツにアプローチし続けている。昨年、小関順二氏、氏原英明氏とともに「検証 甲子園2009」(講談社)を刊行。「高校野球ドットコム」では安福一貴の「塁間マネジメント」の構成を担当。書籍からネットと幅広く活躍。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム