• トップ
  • コラム
  • 野球部訪問
  • 公式戦14本塁打の強打を築いた中京大中京のロングティー。そして質の高い日々の積み重ねが圧倒した実力を身につける【後編】

第1013回 公式戦14本塁打の強打を築いた中京大中京のロングティー。そして質の高い日々の積み重ねが圧倒した実力を身につける【後編】2020年02月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【中京大中京の練習の模様をギャラリーで】
[1]強打を作り上げるロングティー
[2]練習時間以外でも野球を考える時間は増やすことはできる


 明治神宮大会優勝の中京大中京。最速148キロ右腕・高橋 宏斗、大型遊撃手・中山 礼都、大型捕手・印出 太一と多くのタレントが揃っており、少ない失点、失策、高い得点力と、数字面から出場校の中でも抜きん出たものがある中京大中京

 今回は強さを発揮する選手たちの実力をいかに伸ばしているのか、中京大中京の1日の練習の密着し、感じたことをレポートしたい。

前編はこちらから!
グラウンドを最大限に使うことが堅い守備と強力な投手陣を生み出す 中京大中京【前編】

強打を作り上げるロングティー



ロングティーのメニューに励む様子

 中京大中京は守備力の高さだけではなく、昨秋、出場校1位となる11試合のコールド勝ち、昨秋19試合で14本塁打を記録した強打も魅力だ。その打撃はどこで築き上げたのか。それは素振りとロングティーにあった。

 日が暮れ、照明がつけられた中京大中京グラウンド。選手たちは2グループに分かれて、ロングティーと素振り組に分かれる。ここで注目したいのはロングティーは投げてもらってではなく、スタンドティーにボールを置いて打つことだ。止まっているボールを真っすぐ遠くへ飛ばすことは難しい。チームトップの高校通算17本塁打を放っている1番・西村 友哉はこのロングティーで、長打を打つフォームを作り上げた。

「簡単な練習といえば簡単なのですが、動いていない球に対してどれだけ強い力で捉えることができるか。僕にとっては一番大事な練習です。スイング軌道の乱れがあれば、打球が切れて、真っすぐ飛びません。この練習を積み重ねて、この感覚をつかんできた2年夏から本塁打を量産しました」

 2年夏は2本塁打、2年秋では7本塁打を記録できたのもこのロングティーのおかげだと話す。そして素振りではいろんな投手のタイプ、軌道を合わせて数多く行っている。

【次のページ】 練習時間以外でも野球を考える時間は増やすことはできる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
中京大中京vs海星【2020年秋の大会 第73回秋季東海地区高等学校野球大会】
第1020回 今年の東海大会は中京大中京、県岐阜商、藤枝明誠が中心か?各校、戦力が充実【大会展望・総括コラム】
第5回 【12球団ドラフト指名予想】中日は地元路線だと中京大中京の高橋宏斗がトヨタ自動車の栗林良吏が有力?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第271回 高橋宏斗、中森俊介など2020年の高校生投手トップ9はこの投手たちだ!!【ドラフト特集コラム】
第269回 【2020年ドラフト】ドラ1必至の最速154キロ右腕・高橋宏斗(中京大中京)の3年間の軌跡【ドラフト特集コラム】
中京大中京vs至学館【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
中京大中京vs誉【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
中京大中京vs智辯学園【2020年甲子園高校野球交流試合】
中京大中京vs春日丘【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1137回 ノーステップ打法で打撃開花。世代トップクラスのショート・中山礼都(中京大中京)は選抜の活躍で夢叶える 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
第1134回 中京大中京が誇る鉄壁の二遊間「ナカナカコンビ」中山礼都×中嶌優の決意! 【2020年インタビュー】
第1121回 公式通算11本塁打の恐怖の核弾頭・西村友哉(中京大中京)の能力を引き出したロングティー 【2020年インタビュー】
高橋 宏斗(中京大中京) 【選手名鑑】
西村 友哉(中京大中京) 【選手名鑑】
松島 元希(中京大中京) 【選手名鑑】
中京大中京 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム