第1003回 31年ぶりの甲子園出場から2連覇した土浦日大(茨城)が最重要視するもの【前編】2020年01月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【土浦日大の練習の模様をギャラリーで】
[1]2年連続の甲子園出場で財産になったもの
[2]基本を重視する姿勢は取手二の甲子園優勝で認識したから

 茨城県かすみがうら市に専用グラウンドを持ち、近くには寮や雨天練習場など充実の練習設備を持つ土浦日大

 1974年には春夏連続出場。1986年にも甲子園に出場したが、それからも県内では強豪校として君臨していたが、甲子園から遠ざかっていた。名門復活を託されたのが、下妻二で二度甲子園に出場を導いた小菅勲監督である。

 2016年4月から監督に就任した小菅監督は、2017、2018年には2年連続で甲子園に出場した実力校として茨城県内で存在感を示し、見事に復活を遂げた。

 そんな土浦日大の今を知るべく、監督や選手たちから話を聞くべく、グラウンドへ向かった。

2年連続の甲子園出場で財産になったもの



キャップを打っている土浦日大の選手たち

 「2年連続で甲子園に行けましたが、若干勢いの部分もありました。ですので、連続出場するだけの本当の力はないのかなと」

 2017年、そして2018年の2年連続で夏の茨城代表となった土浦日大。チームを率いる名将・小菅勲監督はその2年をそのように語った。しかし、「チーム全員が甲子園のレベルを実感できている」ことは財産として残っている。

 今年のチームを引っ張る五十嵐明斗主将は「甲子園に行った先輩たちは、細かい部分まで目的とこだわりをもって練習をしていました。そういったところは自分たちも受け継いでいます」と話す。

 するとエースの中川 竜哉も「1年生の時に甲子園に行ったときは、周りの選手よりも体が小さかったので『体で負けないように大きくしたい』という話を先輩から聞きました。なので、自分たちも意識して体を大きくしようとチームで意識しています」と語るように、選手1人1人が、全国クラスで戦うことを想定して練習に励んでいる。

【次のページ】 基本を重視する姿勢は取手二の甲子園優勝で認識したから

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1004回 名将・木内監督から影響を受けた選手との二人三脚の重要性。2年ぶり甲子園を狙う土浦日大の課題は?【後編】【野球部訪問】
第995回 2年ぶりに聖地への鍵はキャップ?土浦日大が夏に勝つために必要な破壊力【野球部訪問】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
藤代vs鹿島学園【茨城県 2019年春の大会 茨城県大会】
水戸商vs常総学院【茨城県 2019年春の大会 茨城県大会】
常総学院vs土浦日大【茨城県 2019年春の大会 茨城県大会】
第886回 36校の精鋭が頂点を目指す!接戦続出が予想される春季茨城県大会の見どころ!【前編】【大会展望・総括コラム】
第880回 茨城の春が開幕!県大会へ進むのは?4地区の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第929回 センバツで150キロ出したい!夏の甲子園へ監督を連れていく岩本大地(石岡一)の覚悟【後編】 【2019年インタビュー】
第565回 忍耐、粘り、対応の3本の矢で茨城の夏を制する!藤代(茨城県)【後編】【野球部訪問】
土浦日大vs鹿島学園【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会】
中川 竜哉(土浦日大) 【選手名鑑】
土浦日大 【高校別データ】
取手二 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム