第630回 どんな結果でも日本一を追求しつづける毎日は変わりない 大阪桐蔭【後編】2019年06月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【大阪桐蔭の練習の様子をギャラリーでチェック!】
[1]春はベスト16だったが、チームは着実に成長できている
[2]貴重な招待試合でチームを強化し、夏の大阪を制する!

 6月17日から大阪桐蔭特集がスタート!17日連続で記事を掲載していきます。大阪大会夏3連覇を狙う大阪桐蔭の選手たち、OBたちを取材し、大阪桐蔭の魅力をたっぷり伝えていきます。まずは今年の大阪桐蔭ナインに迫っていきます。

 昨年、史上初の二度目の春夏連覇を飾った大阪桐蔭。この夏も多大な注目を浴びて大会を迎えることになるだろう。
 今年は神宮大会以外の主要大会を制した昨年と違い、秋は近畿大会ベスト8、春は大阪大会ベスト16と思うような結果を残すことができていない。常に多大な注目度されてきた昨年のチームとは違い、今年の選手はどう過ごしてきたのかは、あまり知られていない。

 後編では西谷監督が語る大阪府で勝ち続ける事の厳しさや、招待試合について書いていく。

前編はこちら!
夏の全国連覇を目指して、大阪桐蔭の現在地【前編】

春はベスト16だったが、チームは着実に成長できている



上着を着てアップをする大阪桐蔭の選手たち

 夏の大阪大会はシード制がないのが特徴だ。だから1回戦から秋、春の上位チームと対戦する可能性がある。
 さらに真夏の中、試合間隔が短い中、優勝するには7試合~8試合を戦い抜かなければならない。

 西谷監督は
 「皆さん履正社さんと言いますが、履正社さんはもちろん強いですけど、それ以外にも良い学校はいっぱいあります。大阪はいつどこと当たるか分からない、そういうサバイバル的なところは、どこの他府県も皆さんレベルは高いですけど、簡単ではない都道府県であるとは思います。どこと当たるか、いつ当たるか分からないので、作り方としては常に全力でやらないと。それが大阪の戦い方だと思います」

 大阪桐蔭は5月~6月の期間は強化練習期間に入っているが、アップでは上着にグラウンドコートを着て、トレーニングを行う。ランニング、体幹トレーニングと地味な練習を繰り返し行う。

 西谷監督は「きつい日程になるのですが、夏の大阪は大変ですけど、どうこう言ってられないですし、そこで勝って今度は全国で勝つ力をつけないといけないですから」

 大会が終わってから1ヶ月は、個人の能力を高めることをテーマにやってきた。

 西谷監督は「強みを出す、そして多くの投手を見い出す前に負けてしまった」と語るように、昨年、大阪7試合+近畿3試合合わせて10試合できたが、今年は4試合しかできなかった。
 それでも練習試合と練習のサイクルを繰り返し、西谷監督は「チームとしての勝ち星は重ねられなかったですし、公式戦の数は足らなかったですけど、成長してきているとは思っています」と見ている。主将の中野は選手たちへ接戦の強さを求め、「試合中のミーティングで『もっと粘っていこう』であったり『しぶとさを出していこう』という声が掛かるようになってきているので、そこはチームとして意識づけられていると思います」と団結力は高まっていると語る。

 全体的に投手、打者が伸びてきた。投手では春季大会で先発投手として活躍した藤江 星河、速球派右腕の中田唯斗、先発型右腕の新井 雅之の3人が中心。さらに本格派右腕・縄田 渉も招待試合に登板。昨年から公式戦や招待試合の経験がある河野 大地。近畿大会で登板のある左腕・高野 裕輝がいる。

 打者では去年から出場している主将の中野 波来、二塁手・宮本 涼太、三塁手・山田 優太が目立っていたが、今年は昨秋からレギュラーだった西野 力矢船曳 烈士だけではなく、あまり出場機会がなかった加藤 巧也が伸びている。
 「元々はショートでスタートしていたのですが、サード、セカンド、ファーストもやらせています」

 加藤は打撃練習から無駄のないスイング軌道でボールを捉え、鋭い打球を連発した。春では3番でスタメン出場することもあり、さらに複数ポジションを守れ、日増しに評価が高まっている。

【次のページ】 どんな結果でも日本一を追求しつづける毎日は変わりない 大阪桐蔭【後編】(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
第646回 全国制覇達成も慢心なし 履正社 新チーム始動【後編】【野球部訪問】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs立命館守山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第239回 中森俊介、篠木健太郎を筆頭にオリンピックイヤーをけん引する40人の好投手たち【ドラフト特集コラム】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第89回 村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!【高校野球コラム】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
新井 雅之(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
加藤 拓也(慶應義塾) 【選手名鑑】
河野 大地(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
中野 波来(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
西野 力矢(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤江 星河(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
船曳 烈士(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
宮本 涼太(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
山田 優太(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム