第628回 「強さ」と「女性らしさ」を追い求め続ける!埼玉栄女子野球部(埼玉)に訪問2019年06月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【埼玉栄女子野球部の練習の様子をギャラリーでチェック】
[1]監督はみんなにとってパパのような存在
[2]「女性らしさ」を大切にして欲しい


 女子高校野球の名門として、広く名前が知られている埼玉栄女子野球部。OGには、埼玉アストライアで活躍する磯崎由加里選手や、奥村奈未選手といった女子プロ野球選手もおり、女子高校野球界では名門として広く認識されている。

 今回は、そんな埼玉栄女子野球部に訪問し、チームのこれまでの歩みや育成方針、チームの雰囲気について迫っていく。

監督はみんなにとってパパのような存在



キャッチボールをする選手たち

 日本のスポーツ界には、昔から厳格な上下関係や勝利至上主義など、男女を問わず非常に厳しい世界であるイメージが付きまとっている。

 だが埼玉栄女子野球部は、女子高校野球の名門でありながらそういった側面が一切ない。むしろ、「和気あいあい」とした雰囲気に近いものを感じる。

 「鈴木監督は、みんなにとってパパのような存在です。安心感がありますし、たまにみんなの前でボケてくれたりもします」

 そう語るのは、チームの主力選手の一人である藤田捺己(なつき)選手だ。埼玉栄女子野球部を率いる鈴木佑監督は、選手たちから非常に慕われている存在であり、鈴木監督自身も選手たちが安心して練習できる雰囲気作りを心掛けている。

 「あまり厳しくやってもなと思っているので、できる限り選手たちがプレーしやすい環境を作りたいと考えています」

 埼玉栄女子野球部を率いる鈴木監督が、監督に就任したのは昨年のことだ。これまで18年間にわたってチームを率いてきた、斎藤賢明前監督からチームの指揮を引継ぎ、監督として指導を行うようになった。



打撃練習を行う選手たち

 鈴木監督は、大学を卒業後に埼玉栄へ赴任し、同時に女子野球部の顧問にも就任。以来、17年にわたってチームの指導にあたってきたが、就任した当初はまだ部員も少なく、設備も十分に整っていなかったと振り返る。

 「当時はまだネットもなく、本当に何もない状態でした。部員も少なくて、野球をやってる女子選手がいると噂を聞けば、すぐに行くようなレベルでした。
 少しずつ斎藤先生とグランドを整備し、時には保護者の方々もネットを張ってくださったり、そうして徐々にグランドを整備していきました。今では専用のグランドがあることで、ウチに選んでくれる選手も多くいます」

 女子高校野球の存在が全国に広まるにつれて、競技人口も増加し、部員もどんどん増加。女子プロ野球リーグの設立も追い風となり、裾野が広がった女子高校野球界で、埼玉栄女子野球部は名門としての地位を確立したのだ。

 「現在は、部員も54名程おり、私たちから(勧誘に)行くことはなくなりました。逆に体験会などを開いて、ウチを気に入ってもらったら受験してもらうやり方で運営しています」

【次のページ】 「女性らしさ」を大切にして欲しい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第990回 挫折を乗り越えて優勝の景色をもう一度味わう 藤田捺己(埼玉栄女子野球部) 【2019年インタビュー】
第985回 全国制覇の奪還を目指す「生粋の野球少女」 石垣麻弥乃(埼玉栄) 【2019年インタビュー】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム