第622回 キーワードは「配球を読む力」 東海大福岡(福岡)に今なお息づく原貢氏の野球観【前編】2019年05月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【東海大福岡の練習・試合の様子をギャラリーでチェック!】
[1]夏を前にようやく役者が揃い始めた
[2]「配球を読む力」は身に付けて然るべき能力

 東海大福岡と言えば、2017年の選抜甲子園大会に出場して、清宮幸太郎を擁する早稲田実業などを破ってベスト8に進出したことが記憶に新しい。
 今年のチームも秋季福岡県大会ではベスト16、春季福岡県大会でもベスト16と、相変わらず堅実な強さを維持しているが、当時のメンバーを知る3年生の選手たちからすれば、物足りない成績であることは言うまでもないだろう。

 今回は、そんな東海大福岡の杉山繁俊監督と主力選手の話しを交えながら、チームの現状や課題、方向性について迫っていく。

夏を前にようやく役者が揃い始めた



練習試合にて得点を挙げてハイタッチを交わす東海大福岡の選手たち

 3年生投手である重田正輝に大久保啓、そして安定感抜群の正捕手・藤木貫太を中心に、今年のチームも堅実な野球を見せる東海大福岡。バッテリーを中心に質の高いチームを作りを進めていることを感じさせたが、実はこの春まで、チームは常に主力を欠く状態で戦いを強いられていた。

 「右腕の大久保啓は、入って来た時はすごく球持ちの良く、低めに丁寧に投げるような投手でしたが、力みからフォームを崩して、ストレートが全く走らなくなった時期がありました。キャッチャーの藤木貫太も、福岡県大会で三塁打を放った際に骨折し、キャプテンの森田哲平もずっと怪我で出ていませんでした。
 ここにきて、ようやくチームが夏に向けてまとまってきたかなといったところです」

 そう語るのは東海大福岡を率いる杉山繁俊監督だ。
 昨秋は、ベスト8を懸けた戦いであるブロック予選のパート決勝で、九州国際大付と対戦し、結果は10対1と7回コールドで敗退。この春の春季福岡県大会でも、ブロック予選のパート決勝で飯塚と対戦し、終盤に点差を突き放されて5対2で敗退と、いずれもベスト16の壁を破ることが出来なかった。

 満足に戦力が揃わない状態が続いたが、ゴールデンウィークに入った辺りからようやく怪我人も復帰し、チームが万全と言える状態に近づいてきたのだ。

 だが、選手たちは主力を怪我で欠いていたことを理由に挙げない。
 主将の森田哲平は、秋、春の敗因はあくまでチーム内にある精神面の弱さにあると話し、メンバーが揃ったとしても、心の在り方を大切にすべきであることを強調する。

 「ここまで勝ちきれていないのは、自分たちの気持ちの弱さが原因だと思います。まだ自分の殻を破りきれない人が多くいて、まずは強い気持ちを持つこと最優先に練習を取り組むことを課題にしています」

【次のページ】 「配球を読む力」は身に付けて然るべき能力

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大相模vs湘南工大附【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
東海大相模vs湘南学院【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大高輪台vs日大豊山【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
東海大菅生vs多摩大目黒【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第18回 念願だった日本代表。二刀流として大暴れを見せる!遠藤成(東海大相模)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第14回 鵜沼魁斗(東海大相模)「走攻守三拍子揃った巧打の外野手は愛されキャラ!?チームを1つにさせる重要な存在」【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
東海大市原望洋vs君津【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
第1033回 2011年夏の甲子園で選手宣誓!元金沢主将の石田翔太さんが振り返る甲子園 【2019年インタビュー】
第956回 星稜vs智辯和歌山などすべてがハイレベルな3回戦4試合!準々決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第965回 首都の堅守・強肩捕手!打撃を磨き、目指すはプロ入り! 海野隆司(東海大)【後編】 【2019年インタビュー】
第964回 今秋ドラフト候補!二塁送球タイム最速1.72秒の強肩の持ち主・海野隆司(東海大)【前編】 【2019年インタビュー】
森田 哲平(松商学園) 【選手名鑑】
東海大三 【高校別データ】
東海大仰星 【高校別データ】
東海大星翔 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大五 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東海大一 【高校別データ】
東海大二 【高校別データ】
東海大福岡 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム