第587回 選手同士の歯車を噛み合わせて初の聖地へ突き進む! 浦和実業(埼玉)【後編】2019年03月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【浦和実業の練習の様子をギャラリーでチェック!】
[1]緊張とした初戦と計算外だった準決勝
[2]最低でもベスト4に入り、シードを奪取する!

 前編では浦和実が新チーム発足時から取り組んできた打撃強化について迫った。後編では秋季県大会での戦いを通じて得られた課題、そして春への意気込みに迫った。

 考えながら強く振れ!1日1000スイングで埼玉ビッグ4を打ち崩す! 浦和実業(埼玉)【前編】

緊張とした初戦と計算外だった準決勝



ノックを受ける水谷優希選手

 こうして迎えた秋季大会。南部地区予選は危なげなく勝ち上がったものの、埼玉大会の初戦となった慶應志木戦(試合レポート)は「本大会の最初の試合だったので緊張した」(竹内 琉生主将)ということもあり苦戦。延長12回まで試合はもつれたが6対5でなんとかサヨナラ勝ちした。

 「大会前に雨が続いた影響で満足に練習ができなかったこともあり、豆田泰士の調子が良くなくて序盤にKOされてしましました。終盤もピンチが多く、一死三塁からライトフライを打たれたのですが右翼手・水谷 優希のストライク返球でタッチアウトになったり、大飛球がホームランにならずにフェンス直撃で助かったりと、何度も負けたと思ったほどの試合でした」(辻川正彦総監督)。

 ただ、この一戦を乗り切ったことで、その後は順調に勝ち星を重ねっていった。2回戦の熊谷商戦は「ウチらしいゲームができた」(辻川総監督)とロースコアの接戦を制して3対1。3回戦の武蔵越生戦は長谷川 俊大がホームランを含む3本の長打を放つなど大当たり。投げては豆田、三田 隼輔の完封リレーで5対0と完勝し、準々決勝では再び埼玉栄と相まみえることとなった。(試合レポート

 「新人戦で勝っているだけに、負けられないという気持ちが強かった」(辻川総監督)という一戦は1対1の同点で終盤の8回へ。ここで打撃不調にあえいでいた4番の竹内主将が2ランホームランを放つと、その後の反撃を1点に抑え、3対2で因縁の相手を返り討ち。



体幹トレーニング中!

 殊勲の竹内主将は「それまでずっと打てなくて苦しかったが、チームメートから『切り替えていこう』と声をかけられて、土居(健太)監督からも『お前なら打てるから、自信を持って強く振っていけ』と言われていました。そのおかげで、あの打席では自分のスイングができてホームランを打てたのだと思います」と感謝の言葉を述べている。

 そして、目標に掲げていた関東大会出場が懸かる準決勝は春日部共栄と対戦。先発した豆田は5回を投げて被安打2と好投したが、「試合前から豆田は5回までと決めていました。もちろん続投させることも考えましたが『欲をかいてはいけない』と思い、6回からは予定通りに三田へスイッチしたんです」(辻川総監督)。

 しかし、ここで誤算が生じてしまう。久野遥都が故障で投げられなかったため、負担が大きくなっていた三田の疲労の色が隠せなくなっていったのだ。
 「三田本人やキャッチャーの竹内に状態を確認して『張りはあるが、痛みはない』ということだったのですが、登板時、140キロ近かった球速が8回になってガクンと落ちて120キロ台になってしまったんです」。

【次のページ】 最低でもベスト4に入り、シードを奪取する!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
春日部共栄vs浦和実【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
浦和実vs東農大三【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
第98回 世界一浦和実業野球部が大好き!浦和実(埼玉)の頑張る!マネージャー【頑張る!マネージャー】
第584回 考えながら強く振れ!1日1000スイングで埼玉ビッグ4を打ち崩す! 浦和実業(埼玉)【前編】【野球部訪問】
第723回 優勝するのはどこなのか?実力が拮抗してい南埼玉の大会展望を分析!【大会展望・総括コラム】
第428回 【埼玉展望】本命不在の埼玉大会を制するのは?各ブロックの好カード、見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第380回 「公立vs私立」 埼玉大会準々決勝は見応え抜群!今日、意地をかけて激しく激突!!【大会展望・総括コラム】
浦和学院vs浦和実業【埼玉県 2010年夏の大会 第92回埼玉大会】
浦和実業vs大宮西【埼玉県 2009年秋の大会 秋季地区大会】
川口青陵vs浦和実業【埼玉県 2009年夏の大会 第91回埼玉大会】
豆田 泰志(浦和実) 【選手名鑑】
三田 隼輔(浦和実) 【選手名鑑】
浦和実 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム