浦和実、終盤で逆転!埼玉栄を振り切り、4強へ!!



勝ち越し本塁打に喜ぶ浦和実の選手たち

 埼玉栄浦和実の南部地区同士の一戦はロースコアの接戦となった。埼玉栄の先発は田村。コンパクトなテークバックから投げ込む左スリークォーター。常時125キロ~131キロの直球、スライダー、カーブ、チェンジアップを丹念に投げ分ける投手。走者を出しながらも粘り強いピッチングでしのぐ。

 一方、浦和実の先発・豆田 泰志(1年)もなかなかの好投手である。沈み込¥みは小さく、そのまま捕手側方向へゆっくりと体重移動を行い、真上から振り下ろす右のオーバーハンド。ストレートは常時120キロ後半~132キロ程度だが、うまく脱力して一気にリリースに入るので、打者からすれば打ちにくい。打者は思ったより来ている感じがする投手だろう。内外角にしっかりと投げ分け、スライダー、カーブを無難にストライクゾーンに集めることができるので、打たせてとることができる。

 3回まで0対0で迎えた4回裏。埼玉栄は一死から5番佐々木丈(2年)の二塁打からチャンスを作り、一死一、三塁から7番田村の犠飛で1点を先制する。

 浦和実は5回裏から背番号1の三田 隼輔(2年)が登板する。かなりの好投手であった。セットポジションから始動し、左足を高く上げる。そこから一気に振り下ろす右のオーバーハンドで、常時133キロ~138キロを計測。120キロ台を計測するスライダー、100キロ台のカーブ。コーナーをうまく投げ分けることができて、緩急をつけるのがうまい。埼玉私学5強(花咲徳栄浦和学院春日部共栄聖望学園埼玉栄)以外でこれほどの投手が現れたのは久しぶりである。

 そして三田は7回表、一死二塁から同点となる左前適時打を放つ。そして8回表、浦和実は4番竹内 琉生(2年)が勝ち越しの2ランを放つ。竹内は楽しみな強打の右打ち捕手。

 スタンスを広めにして、トップを深くとって、体を思い切り捻らせてフルスイングする選手で、第1打席から滞空時間がないフライを放つなど、潜在能力の高さを見せ、第3打席で痛烈な左前安打を放ち、第4打席には甘く入ったボールを見逃さず、レフトスタンドへ消える2ラン。埼玉でこれほどパワフルな打者は久しぶりで、今後も見逃せない打者の1人となった。また捕手としても2.00秒台のスローイング、ピンチになると、内野手にポジショニングの指示を出したりと機転が利いていて、視野の広さを感じさせる。

 三田はその後、8回裏に併殺崩れで1点を失うも、粘り強いピッチングでしのぎ、9回裏も二死二塁のピンチを迎えたが、見事に抑え、浦和実が4強入りを決めた。

 浦和実は投手陣のレベルは高いが、センターラインの守備力がしっかりしているのも勝利の要因だといえる。特に冷静なリードができる竹内が今日の殊勲者といっていいだろう。この試合では4番和田康平(2年)の打席で走者がいたのは1人だけ。走者がいた場面でも無理に勝負することなく、次打者で勝負するなど試合運びが冷静であった。いままで埼玉の私学4強に惜敗することが多かった浦和実業だが、だいぶ力をつけてきたといえる。この日、当たりがなかった3番センター・長谷川 俊大(2年)も守備範囲が広い巧打の左打ち外野手で、今後も注目したい選手だ。

 準決勝の相手は春日部共栄。埼玉を代表する私学を破ることができるか、注目したい。

(記事:河嶋 宗一