第546回 松山聖陵(愛媛)「非全力・慎重起用・開かない」が投手育成の出発点【前編】2019年01月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「心の野球」「全員野球」と対をなす「投手育成メソッド」
[2]「開かない」正しい投げ方到達までは「非全力・慎重起用」

 2016年夏、創部47年目での甲子園初出場に続き、昨年・今年とセンバツ連続出場が濃厚で四国屈指の強豪の座を確固たるものとしつつある松山聖陵。そこには2019年ドラフト指名を目指す、嘉陽 宗一郎(亜細亜大~トヨタ自動車)、昨年52試合登板で6勝2敗5ホールドのアドゥワ 誠(広島東洋カープ)。そして千葉ロッテマリーンズ8位指名のルーキー・土居 豪人に代表される「好投手輩出」が大きなファクターを秘めている。

 では、なぜ松山聖陵はこのように次々と好投手を創り出せているのだろうか?今回は荷川取 秀明監督と、来るセンバツでも活躍が期待される根本 大蓮(2年主将・投手)にご協力頂き、これまで高校球児・指導者にも大いに参考になる「投手育成メソッド」の一端を3編にわたってお伝えしていく。前編はメカニズム練習の前提となる考え方について指揮官が3人のエピソードも交えて語っていく。

「心の野球」「全員野球」と対をなす「投手育成メソッド」



松山聖陵の集合写真

 「本当は全員で練習をしてもいいんですけど……。ここで許したらダメなんです」
2018年1月8日。3学期始業式後の練習。黙々と草抜きを続ける1年生たちをみやりながら、荷川取 秀明監督がつぶやいた。その1年生が草抜きをしている理由は「寮内のスリッパをそろえていなかったから」。「心の野球」「全員野球」を掲げるチームの絆を乱す行動には徹底して改善を促す。これが今年、創部50周年のメモリアルを迎える松山聖陵野球部における本質である。

 そのためには指導者側の選手観察が不可欠。事実、昨秋における彼らの勝ち進みは「いい状態の時に結果を出せてあげたい。控え選手が頑張れる雰囲気を作ってあげたい」指揮官のタクトなくしてはありえなかった。中でも愛媛県大会準決勝で聖カタリナ学園にコールド負けし、剣が峰で迎えた3位決定戦・今治西銭は圧巻だった。

 先発マウンドに立ったのは、公式戦は春の四国大会でリリーフ登板したのみの1年生右腕・平安山 陽。「あの試合の悔しさを持ってリリースポイントを前で離すトレーニングに取り組んでいたので、そのエネルギーを出してくれればと思っていた」荷川取監督の願いは「初回から飛ばして、いけるところまで行こうと思った」平安山自身のモチベーションと見事に合致する。

 最速137キロを叩き出し8回3失点でチームを四国大会に導いた背番号「12」の力投は、エースナンバーを背負う根本 大蓮(2年主将)の奮起をも引き出すことに。四国大会準々決勝では平安山が川島打線を13奪三振1失点完投で封じると、センバツ切符がかかった準決勝・富岡西戦は6回3失点の平安山を継いだ根本が「(準決勝敗退の)せんぱいたちを超える」気持ちを前面に出し3回無失点リリーフで締めた。

 かくして2年連続のセンバツ切符を手にした松山聖陵。ただ、この平安山の台頭を荷川取監督は半ば確信していた。そう、この投手になぞらえて。「土居(豪介・2018年ドラフト・千葉ロッテマリーンズ8位指名)と同じ道でした」

 そう、これこそが監督室内にもある無数の野球技術本などを参考に荷川取監督が独学で積み上げた「松山聖陵・投手育成メソッド」。1学年下の安樂 智大済美~東北楽天ゴールデンイーグルス)らと共に愛媛県を代表する右腕に成長した嘉陽 宗一郎(2013年度卒・亜細亜大~トヨタ自動車)がエースの時代に効果を表し始め、その後、アドゥワ 誠(2016年度卒・広島東洋カープ)、土居と引き継がれた系譜は、平安山や根本らにも着実に浸透している。

【次のページ】 「開かない」正しい投げ方到達までは「非全力・慎重起用」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第900回 【春季四国大会総括】夏の準備は、できているか?【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs松山聖陵【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
松山聖陵vs四学大香川西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
第893回 「令和最初」の地区王者目指し 坊っちゃんスタジアムが熱く燃える!【大会展望・総括コラム】
第41回 斬新に歴史重ねた「第11回少年硬式野球四国選手権」で輝いたネクスト球児たち【四国発】
聖カタリナ学園vs西条【愛媛県 2019年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会】
大分vs松山聖陵【第91回選抜高等学校野球大会】
第861回 注目校・明石商や桐蔭学園が登場!大会5日目の見所【大会展望・総括コラム】
聖カタリナ学園vs北条【愛媛県 2019年春の大会 愛媛県春季大会中予地区予選】
第854回 狙え!「坊っちゃんスタジアムで黄金週間(ゴールデン・ウィーク)」春季愛媛県大会の見どころ!【大会展望・総括コラム】
第10回 第96回全国高校野球選手権大会 この球児たちのプレーを見逃すな! 投手編 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
アドゥワ 誠(松山聖陵) 【選手名鑑】
安樂 智大(済美) 【選手名鑑】
嘉陽 宗一郎(松山聖陵) 【選手名鑑】
土居 豪人(松山聖陵) 【選手名鑑】
根本 大蓮(松山聖陵) 【選手名鑑】
聖カタリナ学園 【高校別データ】
松山聖陵 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム