第523回 高い向上心と高い意識で初の聖地を目指す京都国際(京都)【前編】2018年12月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]有望選手を輩出する京都国際の秘訣とは
[2]夏の反省を生かし初の近畿大会出場

 夏の京都大会で4強、秋には初の近畿大会出場を決め、初の甲子園出場が手の届くところまで来ている京都国際。卒業生には曽根 海成(広島)や清水達哉(ソフトバンク)といったプロ野球選手がおり、有力選手を輩出する学校として近年、注目を集めている。今回は躍進著しい京都国際の強さの秘密や悲願の甲子園出場に向けた想いなどを伺った。

有望選手を輩出する京都国際の秘訣とは



京都国際野球部の選手たち

 京都国際は前身である京都韓国学園時代の1999年に野球部が創られた。以前は韓国からの留学生や在日韓国人の選手が多かったが、ここ数年は野球を極めに入学してくる日本人で構成されている。

 2008年から指揮を執る小牧憲継監督は「上で通用する選手を一人でも多く育てたい」というポリシーを持っている。その成果が曽根や清水がプロ入りという形に表れ、彼らの影響で「プロになりたい」と志す中学生が京都国際の門を叩くようになった。今年も3年生の池田 将也がプロ志望届を提出。残念ながら指名漏れとなったが、彼の元には4球団から調査書が来ていたという。

 有望選手を輩出する秘訣とはいったい何なのか。まずは京都国際の環境から紐解いてみる。学校の敷地内に専用グラウンドはあるが、白土で広さもそれほどではない。実戦練習には不向きな環境だが、そこに強みが隠されていた。小牧監督はこう語る。「内外野の連係があまりできない分、個人の練習時間を確保できます。上手くなりたいという想いを持たせたらその分、技術は上がると思います」。

 組織的な練習をすることが不向きな環境だからこそ個々の能力を伸ばすことに力を注ぐことができる。その中で向上心を持って野球に取り組んだ選手が飛躍できるのだ。その代表格がOBの曽根だろう。小牧監督は曽根の高校時代を「とにかく負けず嫌いで一生懸命にやる子でした」と振り返る。彼の熱意に対して小牧監督も本気で向き合ったことでプロ入りの夢を叶えることができた。

 曽根や清水がプロ入りしたことで中学野球関係者からも信頼されるようになり、近年は有望な選手を送ってくれることが増えたという。その成果が下級生主体のチームで夏4強という結果に表れた。

【次のページ】 夏の反省を生かし初の近畿大会へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第882回 京都国際を初の近畿大会へ導いた上野響平が夏の準決勝敗退から得たもの【前編】 【2019年インタビュー】
第533回 「目線は常に日本一へ」兵庫の公立の雄・社が固めた強い決意【後編】【野球部訪問】
第531回 『目標』ではなく『決意』の域へ!兵庫県の公立の雄・社が痛感した勝負への姿勢【前編】【野球部訪問】
第524回 細かい野球を追求し悲願の甲子園へ 京都国際(京都)【後編】【野球部訪問】
第816回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
第809回 近畿6枠はどうなる?龍谷大平安の優勝で幕を閉じた秋季近畿大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第818回 侮れない2番捕手・水上桂(明石商)!来春はいぶし銀の活躍を見逃すな! 【2018年インタビュー】
明石商vs龍谷大平安【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs智辯和歌山【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs報徳学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs福知山成美【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
福知山成美vs京都すばる【京都府 2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第680回 松本 航(日体大)短期間でフォーム修正を可能にした体の柔軟性 【2018年インタビュー】
第377回 市立明石商業高等学校 吉高 壯投手「チームの命運を握る立場だからこそ1球に意味を込めたい」 【2016年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
京都国際 【高校別データ】
福知山成美 【高校別データ】
立命館守山 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム