第524回 恩師にウイニングボールを捧げる!京都翔英が目指す聖地での初勝利!【後編】2018年12月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]課題克服のためトレーニング強化
[2]恩師への思いを胸に甲子園で優勝目指す

 甲子園2度の出場経験を持つ京都翔英。この秋はベスト8まで勝ち上がるも、目標の甲子園には手が届かなかった。

 そんな京都翔英が甲子園出場に強くこだわるのにはある理由があった。後編の今回はそのわけを見ていきながら、冬の取り組みと夏に向けた意気込みについて伺った。

 前編:打力に優れたチームで3度目の全国への切符を掴む!京都翔英(京都)

課題克服のためトレーニング強化



ティー打撃の様子

 12月からは実戦から離れる時期となる。この冬は「とにかく体を大きく、強く、尚且つ瞬発力を付ける」ということを目標に掲げた。練習を見に来ているトレーナーがチームの特徴を分析。その結果、「体力はあるけど、瞬発力とウエイトの力がない」という指摘を受けたからだ。

 これらの課題を克服するためにまずアップから工夫を凝らしている。アップではアジリティなど瞬発力を高めるメニューを取り入れた。さらにまっすぐ走る意識を持たせるために走るコースにラインを引いている。正しい体の使い方を意識することで、パフォーマンス向上を目指す。

 筋力強化という点ではウエイトトレーニングに力を入れた。これまでよりウエイトトレーニングの量を増やし、現在は週3回のペースで行っている。一冬超えてその成果はどれだけ表れるだろうか。

 打撃力向上にもこの冬は力を入れて取り組んでいる。特に意識しているのがスイング数だ。取材に伺った日はフリー打撃、ティー打撃、筋力トレーニング、守備の4班に分かれて練習した後に全員で500スイングを行っていた。ティー打撃では最低でも300スイングをするため、1日で約1000スイングができる計算となる。

 秋でチームの課題が明確となったことでこの冬は思い切った強化を進めている。春までに課題を克服することができれば、春以降は京都の頂点も見えてくるだろう。

 同じ京都府でライバルとなるのが夏の代表校で甲子園通算101勝を挙げている龍谷大平安だ。この秋は京都大会3位から近畿大会を制し、勢いに乗っている。山下監督は龍谷大平安の試合を見て「気合や平安のプライドが見られた」と感じたという。

 秋の自分たちは「身構えていた部分があった」という実感があったからこそそう感じたのだろう。「挑戦者のつもりで夏に向けてガムシャラに行きたいですね。何が何でもという気持ちで」と打倒・龍谷大平安に向けて闘志を燃やしている。

【次のページ】 恩師への思いを胸に甲子園で優勝目指す

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第621回 『高校で楽しめ』中学野球は通過点にすぎない 西京ビックスターズ(京都)【後編】【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第620回 勝利と育成の両立を可能にした「状況に応じた野球」の追求 西京ビックスターズ(京都)【前編】【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第624回 主将の背中を見てチームが変わる!泥臭いことが出来るようになった京都外大西(京都)【後編】【野球部訪問】
第623回 強豪との対戦で深めた自信、名門復活を懸けて京都外大西(京都)は夏に向かう【前編】【野球部訪問】
第910回 好投手擁する菰野、津田学園の三重県勢が有力か。浜松商、県岐阜商の伝統校復活も期待【大会展望・総括コラム】
立命館宇治vs塔南【京都府 2019年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 1次戦】
明豊vs龍谷大平安【第91回選抜高等学校野球大会】
龍谷大平安vs盛岡大附【第91回選抜高等学校野球大会】
龍谷大平安vs津田学園 2【第91回選抜高等学校野球大会】
盛岡大附vs石岡一【第91回選抜高等学校野球大会】
第926回 偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第926回 龍谷大平安に現れた俊足好打の1番打者・中島大輔(龍谷大平安)【前編】 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第926回 客観視できる姿勢が万能型野手へ成長させた 水谷祥平(龍谷大平安)【前編】 【2019年インタビュー】
第882回 一途にプロ入り目指す野球の求道者・上野響平(京都国際)【後編】 【2019年インタビュー】
石原 彪(京都翔英) 【選手名鑑】
山本 祐大(京都翔英) 【選手名鑑】
京都翔英 【高校別データ】
塔南 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム